2014年4月 9日 (水)

Item277 北浜

Kitahama_1_2Kitahama_2_3 一度行ってみたいと思っていた大阪の北浜レトロビルヂングにようやく行けました。国の登録有形文化財にも指定されているこの建物は、明治45年に株の仲買商の商館として建てられ、戦後は商社として使用されたのち、廃ビルとなっていたのを、現オーナーが平成9年に英国式ティールーム<北浜レトロ>として再生させたとのこと。お店の表にかかっている大きなティーポットとユニオンジャックが、遠くからでもイギリス好きの目を引きます。店内に入ると、1Fはケーキや焼き菓子、紅茶、雑貨の販売フロアで、まずここで歓声をあげそうになります^^。2Fがティールームで、フォートナム・メイソンを思わせるようなグリーンの手すりや窓枠、アンティーク家具の並んだインテリアが素敵。北側の窓際席からは土佐堀川越しに中之島公園のバラ園が、反対側の窓からは北浜のビジネス街が見えて、ロケーションも最高。この日は土曜日だったせいか、行列ができるほどお客さんはいっぱいで、ハロッズのバッグを持った方や、バーバリーのコートを着た方など、一目でイギリス・ファンとわかる方々が多かったのがうれしかったです。

Kitahama_4_2Kitahama_3_2 主人が注文したのは、季節の果実のタルトと、ジンジャー・ロイヤルミルクティー。タルトはイチゴやベリーがたっぷりで、ショーケースの中でいちばん魅力的に見えていたので、主人に取られて残念! 味見をさせてもらうと、予想どおりのおいしさ。紅茶のほうは、ジンジャーの香りが薄めで、ジンジャー好きにはちょっと物足りない感じでした。私が注文したのは、ロンドンスパイス・チーズケーキと、サクラティー。このお店はチーズケーキのバリエーションが豊富ですが、スパイスという言葉に惹かれてしまいました。なんのスパイスを使っていて、なぜロンドンなのかはわかりませんでしたが、たしかにスパイシーで、それがチーズの味を引き立てていて、このチョイスは正解でした。紅茶のほうは、やはり香りが薄めで、3杯目にようやく桜の香りを感じ、差し湯が必要なかったです。でも、ウェッジウッドの食器や、銀のポット、カトラリーで出されるケーキセットはやはりいいですね。どっぷりと雰囲気に浸ることができました。

Kitahama_5_2 帰りにはもちろん、1Fでお菓子を買って帰りました。焼き菓子の種類が多いので、どれにしようか迷いましたが、とりあえず定番のスコーンを。そのスコーンの種類も多くて困るのですが、アールグレイ、ジンジャー、きな粉、キャラメルアーモンドの4種を選びました。どれも素朴な味で、クロテッドクリームとジャムをつけることを想定して、あっさりした味に作ってあるのがよかったです。右手前の四角いお菓子は、フラップジャック(オートミールと蜂蜜やバターなどを合わせたシリアルバーのようなお菓子)。香ばしくて食べごたえがありました。左手前の丸いお菓子は、イースタービスケット(ドライフルーツやスパイスが入ったイギリス西部発祥のお菓子)。こちらはおみやげ用に買ったので味見はしていませんが、きっと喜んでもらえると思います。あ、そうそう、1Fの奥にはお手洗いがあるのですが、ここも必見です。壁や柱は、やはりフォートナム・メイソン風で、置かれている小物の数々がおしゃれです。大きな紅茶缶がゴミ箱として使われていたりして、このアイデアはいただき!なんて思いながら、ついお手洗いで長居してしまいました。

Kitahama_6Kitahama_7 さて、北浜から本町までぶらぶら歩いていると、ほかにも興味深いお店を見つけてしまいました。1件は<Three Chimneys Co.(スリーチムニーズ)>というティールーム。北浜レトロより家庭的な印象のお店で、表から見たところではインテリアもかわいくて素敵な感じ。サンドイッチのメニューが豊富そうなので、今度お昼に行ってみようと思います。もう1件は、そのすぐ近くにある<アイリッシュ パブ CELTS>。チェーンのお店ですが、関西にはここしかないようです。フィッシュ&チップスなどの定番フード・メニューがあるので、スリーチムニーズのあと、本町で時間をつぶして夜にCELTSへ戻ってくるというスケジュールがよさそう。早くまた大阪に来る用事を作らなくては!

| コメント (0)

2014年4月 4日 (金)

Item276 春物ショッピング

Aeon_aAeon_b Item245で堺のイオンモールを紹介しましたが、ここは私にとって本当にパラダイス! いつ行っても、なにかしらイギリス・グッズが見つかるのです。今回は春物のシャツを探しに出かけたら、別のものと出会ってしまいました。オンワード樫山のブランドのひとつである<field/dream>のお店でちょうどリバティとのコラボをしていて、その中でこのセーターに思わず目を引かれて。フレンチリネンを使ったセーターで、裏地がリバティ。リネンの部分はサーモンピンク、ベージュ、グレーもあって、それぞれ裏地の柄が違うのです。私は細かい花柄が好きなので、このブルーのセーターにしました。バックに大きくスリットが入っていて、裏地ひらひらと見えるのが素敵です。さらっとした生地で着心地も抜群。この春はこのセーターが大活躍してくれそうです。オンワード樫山の別のブランドでもリバティとのコラボをしているみたいなので、また探しに出かけてしまうかも。大変なものを見つけてしまいました。。。

Aeon_c イオンモールでもうひとつ、いいものを発見。<niko and…>の雑貨は大好きで、いつもここには立ち寄るのですが、今回はこんな掘り出し物が! 木製のフレームなのですが、表面のユニオンジャック柄の部分はたぶん石でできていて、プリミティブな感じが素敵です。フレームはすでにいくつも持っているので、どうしようか迷いましたが、イオンモールを何周もして考えた結果、やっぱり買ってしまいました^^。今は、新婚旅行でイギリスに行ったときの写真を入れて自分の部屋に飾っています。普通なら新婚旅行は楽しかったなあなんて思い出してほほえむところでしょうが、いいフレームだなあとニヤニヤしている、いけない妻なのでした。

| コメント (0)

2014年3月26日 (水)

Item275 アドミラル増殖中

Admiral_m_a Item272でアドミラルのゴルフ・グッズをご紹介しましたが、その後、案の定というか、順調にグッズ増殖中です(笑)! まずは、シューズや着替えを入れるのにちょうどいい大きさのボストンバッグを持っていなかったので、アドミラルのバッグを購入しました。ネットで買ったので、実物がどんなものか少し心配でしたが、思っていたより大きめで、物が余裕で入るのでよかったです。しかも軽くて、色合いもキャディバッグとそろっているので、言うことなしです。これでバッグはOKと思っていたら、今度はラウンドバッグが欲しくなってしまい……。だって、実際にラウンドしてみると、いろいろと小道具がいるのですよ。カメラとか、飲み物とか、日焼け止めクリームとか。そうしたものを入れるのに、女性ゴルファーはたいてい小ぶりのバッグを持っているのです。アドミラルはキャディバッグとおそろいのラウンドバッグも出していて、形もかわいいのですが、あまり柄をそろえすぎるのもどうかなと思って、ボディバッグを選びました。外ポケットが1つと内ポケットが2つあって、使い勝手はよし。これだと、自転車乗り(といってもママチャリですけど)の私には、普段使いもできて一石二鳥です。男性でも使える色にして、主人に「あなたにも貸してあげるからね~」と言って、丸くおさめました(笑)。肝心のゴルフのほうはどうかって? こちらも順調に続けていますよ。なにしろ、アドミラルのグッズを使うのが楽しいですからね。腕前は……相変わらず、悪いところを1つ修正すれば、ほかのところがダメになりの繰り返しですね。それでも、多少はうまくなったと自分では思っているのですが、主人から見れば、まだまだ甘いみたいです。でも、アドミラルが新作を出し続けてくれるかぎり、ゴルフは続けられそうなので、なんとかがんばりま~す! Admiral_m_b

| コメント (0)

2014年3月19日 (水)

Item274 海の女王

Queenelizabeth_1 クイーン・エリザベスが神戸港に初寄港するとのことで、朝からわくわくしていました。8時前から取材のヘリが飛び始めたので、窓を開けてみると、ちょうどクイーン・エリザベスがポートターミナルに到着しようというところ。予想以上に大きな船(全長294メートル、9万901トン)が、静かに海の上を進む姿は壮観でした! あとで夕刊で読みましたが、市消防音楽隊の演奏や消防艇の放水、そして四千人の見物客の歓迎を受けての入港だったそうです。

Queenelizabeth_2Queenelizabeth_3 このクイーン・エリザベスは3代目で、2010年に就航。このたびは1月に英国サウサンプトンから世界一周のクルーズに出港し、米国やアジアなどを巡って、5月に英国に戻るとのこと。神戸港では船内見学者を募集していたので、私も応募したのですが、相当な倍率だったようで抽選にはずれてしまいました。でも、外から見るだけでもと、お昼に見学に出かけたら、大変な人出! ポートターミナルにこんなに人が集まっているのは初めて見たというくらいでした。人をかき分けて写真を撮ってきましたが、大きすぎて全体をおさめることはできませんでした~。船内の様子は、少し前にBSの番組で見ましたが、客室は二千以上もあり、インテリアは1930年代をイメージしたアール・デコ調。ボックス席のある豪華な劇場でシャンペンを飲みながら観劇を楽しめるようになっていたり、それはそれは素敵でした。ツアー料金にはいくつかのランクがあり、下のほうのランクだと利用できないレストランがあったりと、ランクによって受けられるサービスが違うのだそうです。そのあたりをはっきりと言ってのけるところがイギリスらしいなあと思ってしまうのでした。

Queenelizabeth_5Queenelizabeth_4 神戸の次は長崎へ向かうとのことで、本日深夜には神戸港を出港。その前にもう一度ポートターミナルに出かけて、ライトアップされた姿も見てきました。「海の女王」と呼ばれるその姿が神戸の夜景の中に浮かび上がるさまは、本当に壮麗で感動的でした。これだけ大きな船だと汽笛の音もさぞ大きいだろうと思っていたら、出港の汽笛は意外に静か。入港したときと同様、クイーン・エリザベスは優雅に去っていったのでした。船内を見られなかったのは残念だけれど、考えてみれば、朝も昼も夜もその姿をこの目で見ることができた私は幸運なのかも。今日一日、素敵な夢を見させてくれたクイーン・エリザベスに感謝です!

| コメント (0)

2014年3月18日 (火)

Item273 ターナー展

Turner_a 神戸市立博物館で開催中の「ターナー展 英国最高の風景画家」に行ってきました。ターナーといえば難解な風景画が有名ですが、今回の展覧会にはテート美術館から油彩画、水彩画、スケッチブックなど約110点が来ていて、風景画だけではないターナーの豊かな魅力を存分に味わうことができました。

ターナーが初めてのイタリア旅行の成果として発表した《ヴァティカンから望むローマ、ラ・フォルナリーナを伴って回廊装飾のための絵を準備するラファエロ》(1820年)は、横幅が3メートルを超える大作で、それだけでも圧倒されますが、1枚の絵の中に左、中央、右と焦点が3つもあるという、珍しい構図が楽しめました。また、当時のロマン主義の画家たちのあいだでは作中に過去の巨匠を描くことが人気だったということで、この作品にもラファエロが描かれているのがおもしろかったです。U.K. Postcard Galleryでポストカードをご紹介していますので、ぜひご覧ください。

Turner_b_2 こちらの《レグルス》(1828年発表、1837年加筆)という作品を見ると、ターナーが「光の画家」と呼ばれたゆえんがよくわかりました。敵国にまぶたを切られて陽光で失明した将軍レグルスの逸話を描いた作品で、レグルスが見たであろうまばゆい光を表現しているのですが、この絵を見ると本当にまぶしく感じられ、思わず目の前に手をかざしそうになりました。ただの白い絵具がなぜこんなにまぶしいのか不思議でなりませんでした。この絵はぜひ実際に見られることをお勧めします。

Turner_c_4 さきほど焦点の話をしましたが、ターナーは遠近法にとても長けていたそうで、ロイヤル・アカデミーで遠近法の教授をしていたとのこと。こちらの《ダラム大聖堂の内部、南側廊より東方向を望む》(1798年ごろ)の精巧さを見ると、その実力がうかがえます。彼が描いた建築物の絵をもっとたくさん見てみたいという気にさせられました。

ターナーがパトロンのジョージ・ウィンダムの屋敷ペットワース・ハウスのために描いたグワッシュ画の数々も見ものでした。屋敷のあちこちで描いたスケッチは色彩が美しく、当時の貴族の生活ぶりが生き生きと描かれていました。あとでポストカードを買おうと楽しみにしていたら、庭の絵のものしかなくて残念。サミュエル・ロジャースの詩集のために描いた挿絵の数々も、それはそれは美しく、ターナーはイラスト画家になっても大成功をおさめたのではないかと思うほどすばらしかったです。この詩集が欲しくなりました。その他、ターナーが愛用していた絵の具箱もおもしろかった。絵の具のチューブが発明される前には豚の膀胱袋を使っていたというのは驚きでした。そして、彼愛用の革表紙の小さなスケッチブックは、作りがなんとも素敵! これのレプリカを作ったら売れるのにと、関西人の私は、つい頭の中でそろばんをはじいてしまうのでした(笑)。

Turner_d ターナーの絵を堪能したあとは、近くの<Bar & Bistro 64(バー・アンド・ビストロ・ロクヨン)>に寄って、展覧会とのタイアップ・メニューの「フィッシュ&チップスのカレータルタル添え」をいただいてきました。なぜカレータルタルなのかと思っていたら、黄色はターナーが愛した色だからとのこと。本当はモルトビネガーのほうが好きな私ですが、このタルタルはいけました。この日は今年一番の冷え込みで雪も降ったものの、心はほっこり。ターナーにどっぷりと浸かって至福の一日でした。

| コメント (0)

2013年11月 8日 (金)

Item272 アドミラルでゴルフ再開

Admiral_a そういえば、イギリスに留学していたとき、乗馬とゴルフも少し習ったことを思い出しました。でも、日本で引き続き乗馬をするのは難しいですね。場所が少ないし、料金も高くて。ゴルフのほうも、続けるのはなかなか難しいです。そうたびたびは行けないから、前回習得したことを、その次に行ったときにはもうすっかり忘れてしまって、ちっとも上達しない。それでいやになって足が遠のき、しばらくしてからまた何かのきっかけで再開。今まで何度これを繰り返したことでしょう。そんなふうにろくに続かないものだから、道具を買い換えたりするのももったいなくて、十数年前に買った古めかしいセットをいまだに持っている状態です。なにしろドライバーはパーシモンですからねー、今どきこんなのを使っている人はいないでしょう。見かねた主人が、新しいセットを買ってあげるから、またゴルフを始めたらと勧めてくれました。それで探してきてくれたのが、アドミラルというブランド。イギリスのブランドで、いや、これがもうかわいくて、ばっちりハマってしまいました! キャディバッグは今年流行の千鳥格子や迷彩柄などいろいろとあったのですが、私はオーソドックスなタータンチェックを購入(いえ、買ってもらいました)。それと同柄の小物も種類豊富で楽しいですよ~。とりあえず今回は、キャディバッグにつける小物入れを買いました。あと、ユニオンジャック柄のマーカーも。きっと、この先は服も買ってしまうんだろうなあ。なんとなく私の場合、アドミラルで道具をそろえることが楽しくて、ゴルフ自体はどうでもよくなってしまいそうな……。でも、せっかくだからちゃんと練習しなくちゃね。いつかセントアンドリュースでプレーすることを夢見て! Admiral_cAdmiral_b

| コメント (0)

2013年10月28日 (月)

Item271 ミニじゃないMINIだけど

Mini_a あいあいパークでMINIと記念撮影をしていたら、若いイケメンのディーラーさんが、これは邪魔でしょうといってMINIののぼりをどかしてくれたり、カメラのシャッターを切ってくれたりしてくれました。そのおにいさんが「宝塚のショールームへ行ってくれたら、MINIのグッズを差し上げます」というので、帰りにしっかり寄ってしまいました。だって、グッズをもらえるんですものね! いただいたのは、ブランケット風の敷物。これは今の季節、ピクニックをするときに役立ってくれそうです。MINIのちっちゃなマグネットは、すでにわが家の冷蔵庫に貼って活用しています。そしてタトゥーシール。はじめは普通のシールと思い込んで、絵が裏返っているので変だななんて思っていたら、そういうことだったのね。それから、トランプ。黒地にいろいろなMINIが描かれていてカッコいい。これは保存版ですね。そのほかにもカタログとポストカードをたくさんいただきました。ポストカードはU.K. Postcardsのコーナーで紹介していますので、ぜひご覧ください。BMWになってからのMINIは車体が大きくて、ちっともミニじゃない、なんて思っていましたが、あのカスタマイズできる楽しさはやっぱり魅力的ですね。ユニオンジャック柄のルームミラーなんて、もう最高なんですから! それに、MINIにはロンドンオリンピックを記念した特別仕様車「ベーカーストリート」と「ベイズウォーター」や、「ハイドパーク」、「ボンドストリート」なんて名前がついたものもあるのですよ。その名前だけでもクラクラきますよね。今度、車を買い換えるときは絶対にMINIにするぞ~! でも、その前に免許を取らなきゃ、です(笑)。 Mini_cMini_b_2

| コメント (0)

2013年10月27日 (日)

Item270 宝塚のニュースポット

Aiaipark_1 いつの間に宝塚にこんな素敵なスポットができていたのでしょう。あいあいパークの噂は少し前から耳にしていましたが、なかなか訪れる機会がありませんでしたが、10月26日と27日に「英国カルチャーフェア」が開かれるということで、ようやく行ってきました。駐車場に着くとすぐに、イギリスの田舎のコテージ風建物が目に入り、車を降りると駆け出してしまった私。この日はその建物の前でMINIの展示販売会をしていて、3台のかわいいMINIが! まるでマイカーのような顔をして、ちゃっかり記念撮影をしてきました。そして建物の中に入ると、そこは夢のような世界。1階ではウィッチフォード社のガーデニンググッズを展示販売していて、思わず巨大な植木鉢を買いそうになりましたが、こらえて2階へ。

Aiaipark_2Aiaipark_3_2 2階ではRSVP主催のイベントが開かれていました。日本屈指のティーブレンダー、熊崎俊太郎氏によるイギリス紅茶マスター講座、駐日英国大使館で総料理長を務めてこられた畠山武光氏によるスコーン作り講座、RSVPお勧めの日英スコーン約10種類の試食会、紅茶や雑貨やアンティークなどの販売もあり、あちこち目移りして困りました。

Aiaipark_4_3Aiaipark_5 喫茶バンブルビーでは、英国カルチャーフェア限定の英国インドカレーランチとアフタヌーンティーセットがいただけるとのことで、イベントを一回りしたあと、アフタヌーンティーを楽しんできました。ウェッジウッドのワイルドストロベリーの器で出してくださったのがうれしかったですね。華やかな気分に浸れました。アイリッシュモルトという紅茶を初めて飲んでみたのですが、チョコレートのような甘い香りの中にアイリッシュウイスキーの香りも感じられて、しっかりした味わい。ストレートで飲んでもミルクを入れても、おいしくいただけました。そのあとは庭を散策。中庭も裏庭もこぢんまりした、ほどよい広さでくつろげました。

Pataks_a_3Pataks_b 裏庭でPatak'sカレーペーストの試食会をしていたので、いただいてみると、おいしい! お店の方いわく、日本のカレールウはいろいろな旨みを混ぜすぎている、Patak'sは自然の素材だけを生かして作っているので、一度これを食べたら日本のルウはもう食べられない、とのことでしたが、まさにそのとおりだと感じました。このペーストには辛さの種類がいくつかありますが、私には中辛がほどよい感じ。買って帰って作ってみたら、超簡単。鶏肉や好きな野菜を適当に炒めて、このペースを混ぜて少し煮込むだけで、おいしいカレーに仕上がりました。

Bunting_aBunting_b もう一つ買って帰ったのはバンティング。日本語ではなんというのでしょうか、垂れ布? 幔幕? 色合いとデザインがかわいいので、つい買ってしまいました。今年は諸事情でロゴス宴会を開けそうにありませんが、来年はきっと開いて、このバンティングを飾ろうと思っています。リバティの端布などで、こんなバンティングを手作りしてみるのもいいかもしれませんね。

| コメント (0)

2013年10月14日 (月)

Item269 近衛軍楽隊コンサート

Concert_2 神戸文化ホールで開かれた『英国女王陛下の近衛軍楽隊』のコンサートに行ってきました。バッキンガム宮殿を守る陸軍近衛連隊には50名編成の吹奏楽団が9隊あって、今回はその中で最も優秀と言われている「コールドストリーム・ガーズ・バンド」が来日。ちょっと緊張して出かけましたが、会場に着いてみると、出演者の方々がロビーに出てきていて、記念撮影に応じたり、CDを手売りしたりと、とてもアットホームな雰囲気。そしていよいよコンサートがスタートして、赤い服に黒い帽子のあの兵隊さんたちがマーチングで入場してくると、今度は荘厳な雰囲気に包まれて、まるでバッキンガム宮殿にいるような感覚に陥りました。そのあとは、『威風堂々』『アメイジング・グレイス』『レ・ミゼラブル』やビートルズ・ナンバーなどなど、親しみやすい曲のオンパレード。それに、音楽監督と指揮を務めていたダーレン・ウォルフェンデール少佐がとっても素敵でした。いかにも英国紳士という風貌で、堅苦しい人かと思っていたら、カンペを見ながら愛嬌たっぷりに日本語で話す姿がキュートで、観客のおばさま方(私も含め)の目はハートに。楽器の演奏のほかにも、バラード曲をデュエットしたり、ダンスを見せてくれたりと、観客を飽きさせない趣向を凝らした構成はみごとで、あっという間の2時間。この日がツアー最終日だったこともあってか、会場はおおいに盛り上がり、アンコールの拍手がなかなかやみませんでした。神戸の客はおとなしいとよく言われますが、この日はそうではなかったですね。それだけいいコンサートでした。とってもゴージャスで楽しいひとときを過ごさせてもらったおかげで、仕事の締め切り間近でキリキリしていた私の心もすっかり癒されました。近衛軍楽隊のみなさん、ありがとう!

| コメント (0)

2013年8月28日 (水)

Item268 書店にて

Sticker_aSticker_b 近ごろは書店も侮れないですよね。ハーバーランドに新しくできた大垣書店には、私のようなノマドワーカーにはありがたいカフェが併設されているだけでなく、おしゃれな文房具や雑貨の販売コーナーもあるのです。大垣書店ができてからは、ここのカフェで一仕事したあと、本を見て、それからそのコーナーへ寄って、というのがお気に入りのコースになりました(同じビルの中にカルディもあるので、ますます危険!)。先日は、こんなかわいいシールを見つけてしまいました。ロンドンバス型のビニールケースの中に、ちっちゃいシールがたくさん入っているのです。普通のシールと、エンボスタイプのシールがあって、兵隊さんやビッグベンや、トレンドのカップケーキまで、これぞイギリスというものがぎゅっと詰まっています。もったいなくて使えないほど、かわいい! こういうシールを集めて、眺めては楽しんでいた小学生のころに戻ったような気がしてきます。シールを使いきったあとのビニールケースの使い途を考えるのも楽しみ。ちなみに、ここのカフェは書店内にあるおかげで、とても静か。PC用のコンセントもあるので、本当にうれしい存在です。こんなお店がもっと増えてくれるといいな。それも近所に。 Sticker_c

| コメント (0)

«Item267 ぐちゃぐちゃスイーツ