« Item208 懐かしい場所へ | トップページ | Item210 いちごタルト »

2010年1月28日 (木)

Item209 和英融合の味

Tomis_a Tomis_b 年始に主人の実家へ持っていくおみやげは、いつも何にしようかと悩むのですが、今年は早くから決まっていました。ネットでたまたま見つけた、熊本にある<トミーズショートブレッドハウス>さんのショートブレッドです。こちらのオーナーのウイルソン・ユキさんは、ル・コルドン・ブルーで修業され、ロンドンのサボイホテルなどでパティシエを務めておられたという、華麗な経歴の持ち主。現在のお店では材料にこだわりを持ち、自然農法に基づいて大切に作られたものを使用して、ひとつひとつ手作りしておられるとのこと。ショートブレッド以外にもチョコファッジやブラウニー、スコテイッシュタブレット、スコーンなど、イギリス伝統のお菓子をいろいろと作っておられて、広島三越での英国展にも出品されたそうです。今回はショートブレッドをおみやげ用に、それ以外のお菓子を自分用に購入してみましたが、どれもみな素朴で自然な味で、素材そのものの味が存分に楽しめました。いちばん気に入ったのはスコテイッシュタブレットで、Item199でご紹介したファッジとそっくりの味。日本でこの味が買えるとは思っていなかったので、今回はうれしい発見でした。おみやげのショートブレッドのほうも大好評。上新粉が使われているので、食感はサクサク、クッキーやビスケットよりも深い味わいだけれど、しつこくなく、心地よい後味が残り、もう一本と手が出てしまうのです。ただ、「熊本に住んでおられる日本人の方が作ったイギリスのお菓子」という説明は難しかったようで、お義母さんは「智子さんが持ってきてくれた上新粉のクッキーよ」と言ってお客様たちにお出ししていました。みなさん、〝?〟というお顔をされていましたが、味のよさはわかってくださった様子。またリピート注文したいと思っています。


« Item208 懐かしい場所へ | トップページ | Item210 いちごタルト »

コメント

ご無沙汰です。
 
 お元気ですか?  昨年はイギリスに行かれたんですね。 素敵な旅ができてうらやましい!! 普段は現実の日常にかまけているわが身には イギリスが遠くに行ってしまいつつあります。
 何度か書いては没にしているうちに myパソコンが故障し そのままになってしまいました。 子供のパソコンからひそかに書いています。
 
熊本のそのおいしいお店は どこにあるんでしょうか? 実家に帰った時に行ってみたいですね。 
 

投稿: 薩摩おごじょ | 2010年2月18日 (木) 21時26分

薩摩おごじょさん、お久しぶりです!
パソコンが故障中にもかかわらず、
こうしてコメントをくださって感激です。
イギリスは私にとっても遠い存在です。去年の旅行は
十年ぶりでしたし、今度はいつ行けることか……。
お店は、熊本市妙体寺町というところにあるみたいです。
「トミーズショートブレッドハウス」で検索すると、
トップに出てきますので、ご覧になってみてください。
おいしそうなものがたくさんありますよ~。
私も通販を利用しただけで、行ったことはないのですが、
実店舗もあって喫茶スペースもあるのだとか。
もし行かれたら、また感想を聞かせてくださいね。

投稿: 管理人 | 2010年2月22日 (月) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Item208 懐かしい場所へ | トップページ | Item210 いちごタルト »