« Item214 アイルランドの味を堪能 | トップページ | Item216 ヴィクトリアン・ジェット »

2010年4月27日 (火)

Item215 イギリスのパン屋さん

Baps_s_1 広島ではもう1軒、どうしても行きたいお店がありました。Item115でもご紹介したバップスアンドバンズさん。こちらのオーナーの小倉さんは、コーンウォールまで修業に出かけて、イギリスのパンやお菓子の作り方を学んでこられたというバイタリティーあふれる女性。雑誌でそのことを拝読して以来、一度お会いしてみたいと思っていました。お店を訪ねると、優しい笑顔で迎えてくださった小倉さん。「40代も後半になってからイギリスのパン屋をしようと思い立ち、英語もできないのに留学した」というお話を聞いてびっくり。この小柄なお体のどこにそんなバイタリティーが!と思ってしまいました。そんなお話をしているあいだにも、常連さんらしきお客さんが次々に来店してパンを買っていかれます。私もいろいろと買って帰りました。ショートブレッドはほろほろの食感でリッチな味わい、スコーンはしっとり、オートケーキは香ばしくてチーズと相性ぴったりです。コーニッシュ・パスティーは中にお肉と野菜がごろごろ、アップルターンオーバーは中にさわやかなりんごの甘煮が入っています。プルマンブレッドはトーストでもサンドイッチでもおいしい、素朴な食パン。私が気に入っているジンジャーブレッドは、最近は材料が入手困難な状況ということで、今回は変えなくて残念でしたが、小倉さんが手作りのレモンカードを分けてくださって感激。添加物をいっさい入れていないという、このレモンカードは、見た目からして市販のものと違い、ナチュラルなクリーム・イエローの色。お味もナチュラルで、さっぱり。市販のものは後味に人工的な味わいや香りが残りますが、小倉さんのものはそれがまったくありません。あまりにおいしいので、パンやオートケーキに塗って、ぱくぱく食べてしまいました。保存料が入っていないから、あまり日持ちがしないと小倉さんは言っておられましたが、その心配は無用で、あっという間に食べきってしまいました。また買いに行きたい……。やっぱりまた広島に行くしかありませんね。小倉さん、どうもありがとうございました!Baps_s_3 Baps_s_2 Baps_s_4


« Item214 アイルランドの味を堪能 | トップページ | Item216 ヴィクトリアン・ジェット »

コメント

待っていました、

バップスアンドバンズさんのレポート!

あれも、これも、味を思い出して
幸せな気持ちになっています。

プルマンブレッドは、ファームハウスかしら。

そのままでよし、トーストでよし、

私も大好きでいつも買って帰ります。

じめじめした季節。

爽やかなレモンに元気をもらうべく、

日曜日のおうちしごとに、
レモンカード作りも
加えようかと、

朝一番に、わくわくしながら読ませていただきました。
「チャッツワース」さんの、コーニッシュパスティも

とても魅力的。
あの居心地のよい空間でいただくと
又、格別でしょうね。
なかなか伺えないので、
こちらも家で挑戦してみようかな。

空模様はちょぴり怪しそうですが
、
まずは買い出しかな。
もちろん、ちょっとの雨では傘はささずにね!
(でも、あんなにかわいい傘なら
晴れでもさしたいですね。)

投稿: ふしの | 2010年6月20日 (日) 06時40分

ふしのさん、こんにちは。
まずはおわびします! コメントがこんなに遅くなってしまって。
久々に医学書翻訳のお仕事をいただき、難しい単語の並ぶ本を
難しい顔でにらんでいる毎日で、ほかのことをする余裕が
なくなっていました。でも、イギリスの出版社の本なので、
それだけでうれしかったりするのですが(^^)。


あのパンは、そう、ファームハウスです!
素朴な味で、サンドイッチにしてもいいですよねえ。あのお店の
ジンジャーブレッドも好きなのですが、いい糖蜜が手に入らなくなって
しまったので、当分作る予定がないそうなのです。これは残念。。。

小倉さんのガッツ(←表現が古い!?)には驚かされましたが、
チャッツワースの岸本さんも、繊細そうな見た目とは逆で
アウトドア派のパワフルな方。先日は山歩きのお話で盛り上がり
ました。もちろん、英国のチャッツワース・ハウスのお話も。

ふしのさんは、このじめじめを吹き飛ばすべく、
レモンカードをもう作られたのでしょうか。
育児が大変でいらっしゃるのに、そうした家事もしっかりと
こなしておられて、いつも感心させられています。
先日の参観日のお話も、サイトで拝見して胸がきゅんとしました。
お姉ちゃんはお姉ちゃんなりにいろいろなことを考えているのですね。

空模様は今日も怪しく、いつ降ってくるかわからない状態。
でも、あの傘たちのおかげで少し楽しかったりして。
梅雨が終わるのが少し寂しかったりして!
英国製日傘があれば真夏も楽しいかなと思いますが、
よく考えると、英国製日傘って見たことがないですよね。
そんなものは必要がないから売っていないのでしょうか。。。

投稿: 管理人 | 2010年7月 7日 (水) 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Item214 アイルランドの味を堪能 | トップページ | Item216 ヴィクトリアン・ジェット »