« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月20日 (日)

Item263 イングリッシュ・ブレックファースト

Breakfast 初めてイギリスのB&Bに泊まったとき、出された朝食に驚きました。この大量のケチャップ味の豆は何? ソーセージがあるのにベーコンもつくの? トマトは焼いちゃうのね。真っ黒なキノコはなんですか~? でも、食べ慣れるとクセになるのです、これが。ときどき無性に食べたくなることがあります。そんなわけで、先日ベイクドビーンズの缶詰が安く手に入ったときに作ってみました。この豆は大豆のようですがインゲンマメ(Haricot beans)で、ベイクドといいながら実はトマトソースの中で煮られたものです。イギリス人はこれをトーストにのせて食べたりするのです。その光景を初めて見たときは驚きましたねー。半熟目玉焼きの黄身をバターのようにトーストに塗って食べるのを見たときも驚きでしたが……。そして、トーストは極薄でなければなりません。日本ではサンドイッチ用のパンを使うと、ちょうどいい感じ。でっかいマッシュルームは日本では見当たらないので、シイタケを代用です。食べた感想は--自分で言うのもなんですが、おいしかった! あのとき驚いた〝豆のせトースト〟がいちばんおいしいわと思うようになっている自分に驚いた瞬間でした。

| コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »