« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月28日 (月)

Item271 ミニじゃないMINIだけど

Mini_a あいあいパークでMINIと記念撮影をしていたら、若いイケメンのディーラーさんが、これは邪魔でしょうといってMINIののぼりをどかしてくれたり、カメラのシャッターを切ってくれたりしてくれました。そのおにいさんが「宝塚のショールームへ行ってくれたら、MINIのグッズを差し上げます」というので、帰りにしっかり寄ってしまいました。だって、グッズをもらえるんですものね! いただいたのは、ブランケット風の敷物。これは今の季節、ピクニックをするときに役立ってくれそうです。MINIのちっちゃなマグネットは、すでにわが家の冷蔵庫に貼って活用しています。そしてタトゥーシール。はじめは普通のシールと思い込んで、絵が裏返っているので変だななんて思っていたら、そういうことだったのね。それから、トランプ。黒地にいろいろなMINIが描かれていてカッコいい。これは保存版ですね。そのほかにもカタログとポストカードをたくさんいただきました。ポストカードはU.K. Postcardsのコーナーで紹介していますので、ぜひご覧ください。BMWになってからのMINIは車体が大きくて、ちっともミニじゃない、なんて思っていましたが、あのカスタマイズできる楽しさはやっぱり魅力的ですね。ユニオンジャック柄のルームミラーなんて、もう最高なんですから! それに、MINIにはロンドンオリンピックを記念した特別仕様車「ベーカーストリート」と「ベイズウォーター」や、「ハイドパーク」、「ボンドストリート」なんて名前がついたものもあるのですよ。その名前だけでもクラクラきますよね。今度、車を買い換えるときは絶対にMINIにするぞ~! でも、その前に免許を取らなきゃ、です(笑)。 Mini_cMini_b_2

| コメント (0)

2013年10月27日 (日)

Item270 宝塚のニュースポット

Aiaipark_1 いつの間に宝塚にこんな素敵なスポットができていたのでしょう。あいあいパークの噂は少し前から耳にしていましたが、なかなか訪れる機会がありませんでしたが、10月26日と27日に「英国カルチャーフェア」が開かれるということで、ようやく行ってきました。駐車場に着くとすぐに、イギリスの田舎のコテージ風建物が目に入り、車を降りると駆け出してしまった私。この日はその建物の前でMINIの展示販売会をしていて、3台のかわいいMINIが! まるでマイカーのような顔をして、ちゃっかり記念撮影をしてきました。そして建物の中に入ると、そこは夢のような世界。1階ではウィッチフォード社のガーデニンググッズを展示販売していて、思わず巨大な植木鉢を買いそうになりましたが、こらえて2階へ。

Aiaipark_2Aiaipark_3_2 2階ではRSVP主催のイベントが開かれていました。日本屈指のティーブレンダー、熊崎俊太郎氏によるイギリス紅茶マスター講座、駐日英国大使館で総料理長を務めてこられた畠山武光氏によるスコーン作り講座、RSVPお勧めの日英スコーン約10種類の試食会、紅茶や雑貨やアンティークなどの販売もあり、あちこち目移りして困りました。

Aiaipark_4_3Aiaipark_5 喫茶バンブルビーでは、英国カルチャーフェア限定の英国インドカレーランチとアフタヌーンティーセットがいただけるとのことで、イベントを一回りしたあと、アフタヌーンティーを楽しんできました。ウェッジウッドのワイルドストロベリーの器で出してくださったのがうれしかったですね。華やかな気分に浸れました。アイリッシュモルトという紅茶を初めて飲んでみたのですが、チョコレートのような甘い香りの中にアイリッシュウイスキーの香りも感じられて、しっかりした味わい。ストレートで飲んでもミルクを入れても、おいしくいただけました。そのあとは庭を散策。中庭も裏庭もこぢんまりした、ほどよい広さでくつろげました。

Pataks_a_3Pataks_b 裏庭でPatak'sカレーペーストの試食会をしていたので、いただいてみると、おいしい! お店の方いわく、日本のカレールウはいろいろな旨みを混ぜすぎている、Patak'sは自然の素材だけを生かして作っているので、一度これを食べたら日本のルウはもう食べられない、とのことでしたが、まさにそのとおりだと感じました。このペーストには辛さの種類がいくつかありますが、私には中辛がほどよい感じ。買って帰って作ってみたら、超簡単。鶏肉や好きな野菜を適当に炒めて、このペースを混ぜて少し煮込むだけで、おいしいカレーに仕上がりました。

Bunting_aBunting_b もう一つ買って帰ったのはバンティング。日本語ではなんというのでしょうか、垂れ布? 幔幕? 色合いとデザインがかわいいので、つい買ってしまいました。今年は諸事情でロゴス宴会を開けそうにありませんが、来年はきっと開いて、このバンティングを飾ろうと思っています。リバティの端布などで、こんなバンティングを手作りしてみるのもいいかもしれませんね。

| コメント (0)

2013年10月14日 (月)

Item269 近衛軍楽隊コンサート

Concert_2 神戸文化ホールで開かれた『英国女王陛下の近衛軍楽隊』のコンサートに行ってきました。バッキンガム宮殿を守る陸軍近衛連隊には50名編成の吹奏楽団が9隊あって、今回はその中で最も優秀と言われている「コールドストリーム・ガーズ・バンド」が来日。ちょっと緊張して出かけましたが、会場に着いてみると、出演者の方々がロビーに出てきていて、記念撮影に応じたり、CDを手売りしたりと、とてもアットホームな雰囲気。そしていよいよコンサートがスタートして、赤い服に黒い帽子のあの兵隊さんたちがマーチングで入場してくると、今度は荘厳な雰囲気に包まれて、まるでバッキンガム宮殿にいるような感覚に陥りました。そのあとは、『威風堂々』『アメイジング・グレイス』『レ・ミゼラブル』やビートルズ・ナンバーなどなど、親しみやすい曲のオンパレード。それに、音楽監督と指揮を務めていたダーレン・ウォルフェンデール少佐がとっても素敵でした。いかにも英国紳士という風貌で、堅苦しい人かと思っていたら、カンペを見ながら愛嬌たっぷりに日本語で話す姿がキュートで、観客のおばさま方(私も含め)の目はハートに。楽器の演奏のほかにも、バラード曲をデュエットしたり、ダンスを見せてくれたりと、観客を飽きさせない趣向を凝らした構成はみごとで、あっという間の2時間。この日がツアー最終日だったこともあってか、会場はおおいに盛り上がり、アンコールの拍手がなかなかやみませんでした。神戸の客はおとなしいとよく言われますが、この日はそうではなかったですね。それだけいいコンサートでした。とってもゴージャスで楽しいひとときを過ごさせてもらったおかげで、仕事の締め切り間近でキリキリしていた私の心もすっかり癒されました。近衛軍楽隊のみなさん、ありがとう!

| コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »