« Item273 ターナー展 | トップページ | Item275 アドミラル増殖中 »

2014年3月19日 (水)

Item274 海の女王

Queenelizabeth_1 クイーン・エリザベスが神戸港に初寄港するとのことで、朝からわくわくしていました。8時前から取材のヘリが飛び始めたので、窓を開けてみると、ちょうどクイーン・エリザベスがポートターミナルに到着しようというところ。予想以上に大きな船(全長294メートル、9万901トン)が、静かに海の上を進む姿は壮観でした! あとで夕刊で読みましたが、市消防音楽隊の演奏や消防艇の放水、そして四千人の見物客の歓迎を受けての入港だったそうです。

Queenelizabeth_2Queenelizabeth_3 このクイーン・エリザベスは3代目で、2010年に就航。このたびは1月に英国サウサンプトンから世界一周のクルーズに出港し、米国やアジアなどを巡って、5月に英国に戻るとのこと。神戸港では船内見学者を募集していたので、私も応募したのですが、相当な倍率だったようで抽選にはずれてしまいました。でも、外から見るだけでもと、お昼に見学に出かけたら、大変な人出! ポートターミナルにこんなに人が集まっているのは初めて見たというくらいでした。人をかき分けて写真を撮ってきましたが、大きすぎて全体をおさめることはできませんでした~。船内の様子は、少し前にBSの番組で見ましたが、客室は二千以上もあり、インテリアは1930年代をイメージしたアール・デコ調。ボックス席のある豪華な劇場でシャンペンを飲みながら観劇を楽しめるようになっていたり、それはそれは素敵でした。ツアー料金にはいくつかのランクがあり、下のほうのランクだと利用できないレストランがあったりと、ランクによって受けられるサービスが違うのだそうです。そのあたりをはっきりと言ってのけるところがイギリスらしいなあと思ってしまうのでした。

Queenelizabeth_5Queenelizabeth_4 神戸の次は長崎へ向かうとのことで、本日深夜には神戸港を出港。その前にもう一度ポートターミナルに出かけて、ライトアップされた姿も見てきました。「海の女王」と呼ばれるその姿が神戸の夜景の中に浮かび上がるさまは、本当に壮麗で感動的でした。これだけ大きな船だと汽笛の音もさぞ大きいだろうと思っていたら、出港の汽笛は意外に静か。入港したときと同様、クイーン・エリザベスは優雅に去っていったのでした。船内を見られなかったのは残念だけれど、考えてみれば、朝も昼も夜もその姿をこの目で見ることができた私は幸運なのかも。今日一日、素敵な夢を見させてくれたクイーン・エリザベスに感謝です!


« Item273 ターナー展 | トップページ | Item275 アドミラル増殖中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Item273 ターナー展 | トップページ | Item275 アドミラル増殖中 »