2014年4月 9日 (水)

Item277 北浜

Kitahama_1_2Kitahama_2_3 一度行ってみたいと思っていた大阪の北浜レトロビルヂングにようやく行けました。国の登録有形文化財にも指定されているこの建物は、明治45年に株の仲買商の商館として建てられ、戦後は商社として使用されたのち、廃ビルとなっていたのを、現オーナーが平成9年に英国式ティールーム<北浜レトロ>として再生させたとのこと。お店の表にかかっている大きなティーポットとユニオンジャックが、遠くからでもイギリス好きの目を引きます。店内に入ると、1Fはケーキや焼き菓子、紅茶、雑貨の販売フロアで、まずここで歓声をあげそうになります^^。2Fがティールームで、フォートナム・メイソンを思わせるようなグリーンの手すりや窓枠、アンティーク家具の並んだインテリアが素敵。北側の窓際席からは土佐堀川越しに中之島公園のバラ園が、反対側の窓からは北浜のビジネス街が見えて、ロケーションも最高。この日は土曜日だったせいか、行列ができるほどお客さんはいっぱいで、ハロッズのバッグを持った方や、バーバリーのコートを着た方など、一目でイギリス・ファンとわかる方々が多かったのがうれしかったです。

Kitahama_4_2Kitahama_3_2 主人が注文したのは、季節の果実のタルトと、ジンジャー・ロイヤルミルクティー。タルトはイチゴやベリーがたっぷりで、ショーケースの中でいちばん魅力的に見えていたので、主人に取られて残念! 味見をさせてもらうと、予想どおりのおいしさ。紅茶のほうは、ジンジャーの香りが薄めで、ジンジャー好きにはちょっと物足りない感じでした。私が注文したのは、ロンドンスパイス・チーズケーキと、サクラティー。このお店はチーズケーキのバリエーションが豊富ですが、スパイスという言葉に惹かれてしまいました。なんのスパイスを使っていて、なぜロンドンなのかはわかりませんでしたが、たしかにスパイシーで、それがチーズの味を引き立てていて、このチョイスは正解でした。紅茶のほうは、やはり香りが薄めで、3杯目にようやく桜の香りを感じ、差し湯が必要なかったです。でも、ウェッジウッドの食器や、銀のポット、カトラリーで出されるケーキセットはやはりいいですね。どっぷりと雰囲気に浸ることができました。

Kitahama_5_2 帰りにはもちろん、1Fでお菓子を買って帰りました。焼き菓子の種類が多いので、どれにしようか迷いましたが、とりあえず定番のスコーンを。そのスコーンの種類も多くて困るのですが、アールグレイ、ジンジャー、きな粉、キャラメルアーモンドの4種を選びました。どれも素朴な味で、クロテッドクリームとジャムをつけることを想定して、あっさりした味に作ってあるのがよかったです。右手前の四角いお菓子は、フラップジャック(オートミールと蜂蜜やバターなどを合わせたシリアルバーのようなお菓子)。香ばしくて食べごたえがありました。左手前の丸いお菓子は、イースタービスケット(ドライフルーツやスパイスが入ったイギリス西部発祥のお菓子)。こちらはおみやげ用に買ったので味見はしていませんが、きっと喜んでもらえると思います。あ、そうそう、1Fの奥にはお手洗いがあるのですが、ここも必見です。壁や柱は、やはりフォートナム・メイソン風で、置かれている小物の数々がおしゃれです。大きな紅茶缶がゴミ箱として使われていたりして、このアイデアはいただき!なんて思いながら、ついお手洗いで長居してしまいました。

Kitahama_6Kitahama_7 さて、北浜から本町までぶらぶら歩いていると、ほかにも興味深いお店を見つけてしまいました。1件は<Three Chimneys Co.(スリーチムニーズ)>というティールーム。北浜レトロより家庭的な印象のお店で、表から見たところではインテリアもかわいくて素敵な感じ。サンドイッチのメニューが豊富そうなので、今度お昼に行ってみようと思います。もう1件は、そのすぐ近くにある<アイリッシュ パブ CELTS>。チェーンのお店ですが、関西にはここしかないようです。フィッシュ&チップスなどの定番フード・メニューがあるので、スリーチムニーズのあと、本町で時間をつぶして夜にCELTSへ戻ってくるというスケジュールがよさそう。早くまた大阪に来る用事を作らなくては!

| コメント (0)

2013年10月27日 (日)

Item270 宝塚のニュースポット

Aiaipark_1 いつの間に宝塚にこんな素敵なスポットができていたのでしょう。あいあいパークの噂は少し前から耳にしていましたが、なかなか訪れる機会がありませんでしたが、10月26日と27日に「英国カルチャーフェア」が開かれるということで、ようやく行ってきました。駐車場に着くとすぐに、イギリスの田舎のコテージ風建物が目に入り、車を降りると駆け出してしまった私。この日はその建物の前でMINIの展示販売会をしていて、3台のかわいいMINIが! まるでマイカーのような顔をして、ちゃっかり記念撮影をしてきました。そして建物の中に入ると、そこは夢のような世界。1階ではウィッチフォード社のガーデニンググッズを展示販売していて、思わず巨大な植木鉢を買いそうになりましたが、こらえて2階へ。

Aiaipark_2Aiaipark_3_2 2階ではRSVP主催のイベントが開かれていました。日本屈指のティーブレンダー、熊崎俊太郎氏によるイギリス紅茶マスター講座、駐日英国大使館で総料理長を務めてこられた畠山武光氏によるスコーン作り講座、RSVPお勧めの日英スコーン約10種類の試食会、紅茶や雑貨やアンティークなどの販売もあり、あちこち目移りして困りました。

Aiaipark_4_3Aiaipark_5 喫茶バンブルビーでは、英国カルチャーフェア限定の英国インドカレーランチとアフタヌーンティーセットがいただけるとのことで、イベントを一回りしたあと、アフタヌーンティーを楽しんできました。ウェッジウッドのワイルドストロベリーの器で出してくださったのがうれしかったですね。華やかな気分に浸れました。アイリッシュモルトという紅茶を初めて飲んでみたのですが、チョコレートのような甘い香りの中にアイリッシュウイスキーの香りも感じられて、しっかりした味わい。ストレートで飲んでもミルクを入れても、おいしくいただけました。そのあとは庭を散策。中庭も裏庭もこぢんまりした、ほどよい広さでくつろげました。

Pataks_a_3Pataks_b 裏庭でPatak'sカレーペーストの試食会をしていたので、いただいてみると、おいしい! お店の方いわく、日本のカレールウはいろいろな旨みを混ぜすぎている、Patak'sは自然の素材だけを生かして作っているので、一度これを食べたら日本のルウはもう食べられない、とのことでしたが、まさにそのとおりだと感じました。このペーストには辛さの種類がいくつかありますが、私には中辛がほどよい感じ。買って帰って作ってみたら、超簡単。鶏肉や好きな野菜を適当に炒めて、このペースを混ぜて少し煮込むだけで、おいしいカレーに仕上がりました。

Bunting_aBunting_b もう一つ買って帰ったのはバンティング。日本語ではなんというのでしょうか、垂れ布? 幔幕? 色合いとデザインがかわいいので、つい買ってしまいました。今年は諸事情でロゴス宴会を開けそうにありませんが、来年はきっと開いて、このバンティングを飾ろうと思っています。リバティの端布などで、こんなバンティングを手作りしてみるのもいいかもしれませんね。

| コメント (0)

2013年4月16日 (火)

Item267 ぐちゃぐちゃスイーツ

Etonmess Item247で<Bshop CANTEEN>というお店をご紹介しました。ここのレモンカードのケーキの味がいまだに忘れられず、先日また行ってみたら、今度はあのとき食べられなかった「ETON MESS」がありました! 「イートン」とは、かの名門イートン校のことで、その昔、イートン校の卒業式に出されたスイーツ(パヴァロワ)が何かのはずみで「メス=ぐちゃぐちゃ」になったのが名前の由来だとか。一度食べてみたいと思っていたので、レモンカードのケーキに後ろ髪を引かれながらイートンメスを注文しました。出てきたのは、イチゴと焼きメレンゲに泡立てた生クリームをかけた、美しいスイーツ。それを「ぐちゃぐちゃに混ぜて食べてくださいね」という店員さんの指示どおりに混ぜて、すごーく甘いんだろうなと覚悟しながら食べたら、とてもさっぱりした味でした。メレンゲも生クリームも甘さが抑えてあるし、なにしろイチゴが半パックは使っているんじゃないかと思うくらいたくさん入っていたので、さわやかでした。ほかのイートンメスは食べたことがないけれど、きっとここのお店のものがいちばんおいしいのではないかしら。これはリピートすることになりそうです。でも、ここのランチもおいしそうだから、次はイートンメスをあきらめてランチを、ということになるかも。。。ちなみに写真は、まだ美しい状態のイートンメスです。

| コメント (0)

2013年4月 5日 (金)

Item266 お花見

Snack いつもなら首を長くして待つ桜が、今年はずいぶん早く咲いてしまいましたね。3月末にはもう満開で、4月に入ったら散ってしまいそうな勢い。それで、あわてて<神戸グロサーズ>で食材を調達し、毎年恒例の王子動物園へお花見に出かけました。食材といっても、お弁当のあとのティータイム用のお菓子なんですけどね。友人の子供たち用にと買ったのは、アーティザンのビスケット。ここのビスケットは、その社名のとおり職人技で手作りされたもので、添加物や保存料も使っていないので安心です。TWO BY TWOのシリーズは5種類の味があり、それぞれ、イソップ童話などをもとにした形になっているのも楽しくて。今回選んだのはナチュラルレモンカード味で、ヨーロッパに広く伝わる竜退治伝説の聖ジョージとドラゴンがモチーフ。食べるのがもったいないほどかわいかったのですが、バターの豊かな味に酸味がほんのり利いているのがおいしくて、子供たち用だというのに、つい自分が手を伸ばしてしまいました(笑)。同じくアーティザンのカフェ・ドルチェッティのシリーズは、コーヒーに合うように作られた大人向けのビスケット。全4種類で、今回はステムジンジャー&サルタナを選んでみました。ジンジャー好きにはうれしいスパイシーな味で、硬めのレーズンの食感がちょっと変わっています。これに合わせるならエスプレッソといきたいところでしたが、ボトルグリーンのエルダーフラワーのドリンクが気になって、買ってしまいました。コッツウォルズ地方の天然水にハーブエキスや果汁をブレンドした微炭酸の清涼飲料水だそうで、とってもさわやかでナチュラルな味でした。ボトルのデザインや色も素敵で、アウトドアに似合います。ほかにザクロ&エルダーフラワーとレモングラス&ジンジャーもあるそうなので、次の機会にはそれをと思っています。あ、なんだか食べ物の話ばかりになっていますが、もちろん桜も(桜を)楽しんできましたよ!

| コメント (0)

2013年3月28日 (木)

Item265 トースター

Toaster ポップアップトースターがずっと欲しかったのです。うちにあるオーブンレンジトースターは、どうもトースターの機能が弱く、焼けるのに時間がかかるうえに、カリッとは焼けなかったからです。買うなら、Item192でご紹介した電気ケトルと同じラッセルホブスのクラシックトースターにしようと決めていました。なんといっても、丸みのあるフォルムが素敵です。でも、今まで何度かセール品を見つけては買う寸前までいきながら、なぜか縁がなく終わってしまい。それが先日、主人と散歩がてらに出かけた商店街で、定価の10分の1ほどの値段で売っているのを発見! そしてついに購入となりました。さっそく使ってみたら、なんと速く焼けることか。しかも、パンを入れると自動的に上部に蓋がされて熱の放出を防ぐので、外はカリッと、中はふんわり焼き上がるのです。4枚切り食パンだって入るし、ベーグルや冷凍パンも焼けて、付属のラックを使えばクロワッサンなどのパンも温められるというスグレモノ。もうトーストするのが楽しくてしかたがありません。これだけ楽しんだら、もう充分に元は取れたでしょうね。

| コメント (0)

2013年2月 1日 (金)

Item264 バレンタインもイギリス風で

Valentine_aValentine_b いつも2月になると、チョコレート選びに悩みますね。デパートで試食したり、通販を調べたり、それでもなかなか気に入ったのが見つからなかったりして。でも、今年はたまたま見かけたカタログの中に素敵なチョコを見つけて即決でした。神戸の老舗、ゴンチャロフが出している〝ウィンザーイートン〟というシリーズです。イギリスを舞台に〝架空の戯曲〟をテーマにした新ブランドだそうで、ユニオンジャックやアーガイルやユリの紋章などの柄がかわいらしい! 思わずまとめ買いして、このチョコのよさをわかってくれそうな方々に贈りました。もちろん主人にもあげましたが、写真を撮るまでは食べちゃダメよと、しばしおあずけ。それに、半分は私がちゃっかり食べました~。なかなかおいしかったですよ。このごろは有名パティシエ作の高級チョコなどが人気ですが、こうした老舗の堅実な味もいいなと思いました。期間限定販売とのことでしたが、来年も同じシリーズが販売されますように。

| コメント (0)

2013年1月20日 (日)

Item263 イングリッシュ・ブレックファースト

Breakfast 初めてイギリスのB&Bに泊まったとき、出された朝食に驚きました。この大量のケチャップ味の豆は何? ソーセージがあるのにベーコンもつくの? トマトは焼いちゃうのね。真っ黒なキノコはなんですか~? でも、食べ慣れるとクセになるのです、これが。ときどき無性に食べたくなることがあります。そんなわけで、先日ベイクドビーンズの缶詰が安く手に入ったときに作ってみました。この豆は大豆のようですがインゲンマメ(Haricot beans)で、ベイクドといいながら実はトマトソースの中で煮られたものです。イギリス人はこれをトーストにのせて食べたりするのです。その光景を初めて見たときは驚きましたねー。半熟目玉焼きの黄身をバターのようにトーストに塗って食べるのを見たときも驚きでしたが……。そして、トーストは極薄でなければなりません。日本ではサンドイッチ用のパンを使うと、ちょうどいい感じ。でっかいマッシュルームは日本では見当たらないので、シイタケを代用です。食べた感想は--自分で言うのもなんですが、おいしかった! あのとき驚いた〝豆のせトースト〟がいちばんおいしいわと思うようになっている自分に驚いた瞬間でした。

| コメント (0)

2012年11月30日 (金)

Item260 デザート・チーズ

Cheese このごろKALDIの話題が多い気がします(たしかに入り浸ってます!)が、先日はおもしろいチーズを見つけました。<Grandma Singleton>のアップルパイ・チーズと塩キャラメル・チーズです。イギリスは知る人ぞ知るチーズの名産地で、とくにチェダーが有名ですが、Grandma Singletonが造るランカシャーは、チェダーに似ていて、さっぱりしてマイルドなのにコクがあるという、味わい深いチーズ。塩キャラメルのほうは、ホロホロした感じの白いチーズにキャラメルの香りが利いていて、ほんのり塩味も感じられ、クラッカーに合います。アップルパイのほうは、しっとりした茶色いチーズにリンゴの酸味とシナモンの香りが利いていて、まるでケーキのよう。どちらも、デザートとして食べられて、紅茶とも相性ぴったりです。今年のロゴス懇親会でもこれらのチーズをお出ししたところ、大好評でした。懇親会の様子はLogosのコーナーに載せていますので、そちらもぜひご覧ください。

| コメント (0)

2012年11月13日 (火)

Item259 大阪デパート

Lucua_1Lucua_2 英国フェアの会場を出たあと、まだ飽き足らずにデパートめぐりをしました。だって、せっかく久しぶりに大阪に出たのですからね、時間の許すかぎり見てまわらなくては。まずはルクアへ行きました。ここには、イギリス王室のエグゼクティブ・シェフを12年間勤めたキャロリン・ロブさんが手がけたスイーツのお店、<THE ROYAL TOUCH>の世界1号店があるのです。ショーケースにずらりと並んだお菓子は美しくて、まるで宝石のよう。ウィリアム王子が結婚式のときにグルームケーキとして選んだ「チョコレート・ビスケットケーキ」や、カラフルなカップケーキ、ビクトリア女王が愛したスポンジケーキなどなど、今まで日本ではあまり見かけることのなかったものばかりです。でも、今回は下見だけで我慢。なぜって、英国フェアでスコーンなどいろいろと買ってしまったから! というわけでロイヤル・タッチは次回のお楽しみにして、次は伊勢丹へ寄ってみました。ここにはハロッズが入っているのです。行ってみると、バックや雑貨から食品まで品ぞろえ豊富です。日本で展開しているハロッズショップでは、ここが初のフルラインナップのショップなのだとか。とりあえず今回は、今度のロゴス宴会のおみやげ用にクマちゃんのジャムと、自分用に缶入りミントを買いました。このミントの缶は、いかにもハロッズらしいデザインで、蓋を開けると裏にハロッズの文字が入っていたりして素敵なのです。中身はもはや食べてしまったので、今はガムを入れて愛用しています。これならもう何個か買えばよかったな。いつかまた大阪デパートめぐりをしなくては。そのときは絶対に泊まりで! Isetan_2_2Isetan_1_2

| コメント (0)

2012年11月12日 (月)

Item258 新しくなった阪急で

Hankyu_08Hankyu_07 大リニューアルしたばかりの梅田阪急で開かれた英国フェアに行ってきました。店内に入って、その美しさと広さにびっくり。そして、フェア会場となっている9Fに行ってまたびっくり。9Fは、12Fまで4層の吹き抜けになっていて、気持ちのいい大空間。

Hankyu_05_3Hankyu_06_2 そこの祝祭広場にはイングリッシュガーデンが設けられ、その横でバグパイプの生演奏が行われるという、みごとな演出でした。さらに、お目当ての催事場のほうからは甘~い香りが。今回はウォーカーがショートブレッドの実演販売をするとのことで、その香りなのでした。

Hankyu_01Hankyu_02_2 ウォーカーがこうした試みをするのは世界初ということで、丸い生地が並んでいる貴重な光景を見ることができました。スライスする前の棒状の生地がまたおもしろくて、思わず見入ってしまいましたよ。「あれを恵方巻きのようにして食べたいねえ」と友達と言っていたら、笑われてしまいました。焼きたてを食べてみたかったのですが、長蛇の列であきらめ。

Hankyu_04_2Hankyu_03 エディンバラの人気ティールーム<エチケット>でクリームティーをいただこうと思ったら、こちらはさらにすごい列! 朝一番に行ったのに、なんてことでしょう。これもあきらめましたが、<サヴォイ>のスコーンだけは、並んでゲット。プレーン、クルミ、アプリコットとありましたが、どれもさすがサヴォイ。しっかりした本場の味でした。

Hankyu_09 リリパットレーンのコーナーもにぎわっていました。イギリスの実際にある建物を忠実に再現したミニチュアは、世界中に熱心なコレクターがいますが、実物を見ると、その人気の秘密がわかります。専門のペインターが手彩色で作っていて、どれも世界に1つしかない貴重な品。お気に入りを1つ手に入れて代々で大事にしていきたい、そんな品物なのです。その手彩色の様子を間近で見られたのはうれしかったです。

Hankyu_11Hankyu_10 あと、井形慶子さんのコーナーでは、ご本人が売り子をしていらしたので驚きました。ミスター・パートナー編集部の方々といろいろなお話もできて、楽しいひとときでした。とにかく会場は混み合っていて、物を買うのは大変でしたが、最後の1つになっていたピーターラビットのアイピローをしっかり手に入れました。ラベンダーのとてもいい香りがするのですよ。ハリスツイードのかわいいカードが買えたのもうれしかったですねえ。一枚一枚、羊に貼ってあるツイードの色や柄が微妙に違うのです。婦人物はなくて残念でしたが、ツイードのジャケットもそれはそれは素敵で、眺めているだけで楽しめました。9F以外のフロアにも英国フェア関連のお店が出ていたりして、今年のフェアは大変なパワーアップ。とても1日では見きれません。下の食料品売り場も魅力的だし、「今夜はこの店内に泊まりたいわ~」と口走ったら、また笑われました。

| コメント (0)

より以前の記事一覧