2014年4月 4日 (金)

Item276 春物ショッピング

Aeon_aAeon_b Item245で堺のイオンモールを紹介しましたが、ここは私にとって本当にパラダイス! いつ行っても、なにかしらイギリス・グッズが見つかるのです。今回は春物のシャツを探しに出かけたら、別のものと出会ってしまいました。オンワード樫山のブランドのひとつである<field/dream>のお店でちょうどリバティとのコラボをしていて、その中でこのセーターに思わず目を引かれて。フレンチリネンを使ったセーターで、裏地がリバティ。リネンの部分はサーモンピンク、ベージュ、グレーもあって、それぞれ裏地の柄が違うのです。私は細かい花柄が好きなので、このブルーのセーターにしました。バックに大きくスリットが入っていて、裏地ひらひらと見えるのが素敵です。さらっとした生地で着心地も抜群。この春はこのセーターが大活躍してくれそうです。オンワード樫山の別のブランドでもリバティとのコラボをしているみたいなので、また探しに出かけてしまうかも。大変なものを見つけてしまいました。。。

Aeon_c イオンモールでもうひとつ、いいものを発見。<niko and…>の雑貨は大好きで、いつもここには立ち寄るのですが、今回はこんな掘り出し物が! 木製のフレームなのですが、表面のユニオンジャック柄の部分はたぶん石でできていて、プリミティブな感じが素敵です。フレームはすでにいくつも持っているので、どうしようか迷いましたが、イオンモールを何周もして考えた結果、やっぱり買ってしまいました^^。今は、新婚旅行でイギリスに行ったときの写真を入れて自分の部屋に飾っています。普通なら新婚旅行は楽しかったなあなんて思い出してほほえむところでしょうが、いいフレームだなあとニヤニヤしている、いけない妻なのでした。

| コメント (0)

2012年12月 4日 (火)

Item261 バーバリー

Burberry_a イギリスのブランドで何がいちばん好きかと尋ねられたら、たぶんバーバリーと答えるかな、と思います。Item218で傘をご紹介したので、今回は違うものを。まずは定番のトレンチコート。これはロンドンのバーバリーのお店で購入したもので、お店の雰囲気に圧倒されて緊張しながら買ったのを思い出します。しっかりした生地と丁寧な縫製はさすがです。典型的日本人体型の私にはちょっと丈が長いので、今度お直しに出そうと思っています。ああ、イギリス人体型になりたい……。

Burberry_b こちらはカシミヤのショートコートで、母からのお下がり。昔のもので、大きな肩パッドが入っていたので、パッドを取って幅をつめてもらいました。とても暖かいので重宝しています。マフラーは、いつどこで買ったものか忘れてしまったくらい、昔から愛用しています。最近は、これを見ると、『ビブリア古書堂の事件手帖』の高橋克実さんを思い出してしまいます(笑)。

Burberry_c これは愛用の膝掛けです。軽くて暖かいのが気に入っています。冷え性の私には欠かせない冬のアイテムです。これも母のお下がりなのですが、暑がりの母がこれを使っているところは一度も見たことがありません。何を思って買ったのか不思議です……。ともあれ、これで冬支度はOK。たぶん、これからも毎年この作業を繰り返すことでしょう。

| コメント (0)

2012年9月25日 (火)

Item253 雑貨アウトレット

Bag <EIN SHOP>さんは、栄町に行くと必ず立ち寄る私御用達のお店。Item229でご紹介したマインド・ザ・ギャップのシリーズも、こちらで購入したものでした。そのアインさんが野外アウトレットを開催するというので、行ってきました。場所は神戸ワイナリー。広々とした素敵な施設の中に設けられた会場には、EIN SHOPオリジナル商品、ビルケンシュトック、キャス・キッドソン、文具、アンティーク家具、園芸用品といった商品が並び、地元農産品のブースや屋台なども出ていました。入場して一番に目についたのは、シェークスピアやジェーン・オースティン、ヴァージニア・ウルフといった作家の肖像画入りのレターセット。へえ、こんなのがあるんだと思い、とりあえず会場を一周してから購入検討しようとしたら、一周して戻ってきたときにはもう売り切れていました。うーむ、あのレターセットの何があんなに人気だったのか不思議ですが、確保しておけばよかったと後悔。キャス・キッドソンのバッグ類も飛ぶように売れていましたね~。あと、マインド・ザ・ギャップと同じロンドンの地下鉄シリーズも。定規とかペンケースとかいろいろありましたが、私はランドリー・バッグをゲット。青い紐がかわいいし、軽くて重宝しそうです。ほかには、園芸ばさみも買ってしまいました。主人なんて、チェーンソーまで買いそうになっていましたからね。だって安いし、とか言って。家に庭もないのに~! と、そんなこんなで、いいお天気のもと、楽しいお買い物ができました。このアウトレットは、年に何回か姫路や神戸などでも開かれているようなので、また行ってみたいと思っています。

| コメント (0)

2012年8月10日 (金)

Item251 扇子

Fan_a 今まで、扇子はおばさんが持つものだと思っていました。すみません。でも、これだけ猛暑が続くと、扇子が1つ欲しくなりました。買うならお洒落なものがいいけれど、それがなかなか見つからない……。でも、先日たまたま、そごうの紳士服売場にイギリス・コーナーができていると友達に教えられて行ってみたら、そこに素敵な扇子があったのです! サイモン・カーターというイギリスのメンズアクセサリー・ブランドのものなのですが、このブランドはもともと「キング・オブ・カフス」と称されるほどカフリンクス(カフスボタン)がとくに有名だったのが、斬新なデザインでまたたく間に人気が出て、今ではバッグやスーツなどメンズファッションをトータルに手がけているとのこと。たしかに、この扇子もほかにはないデザインです。扇子を入れる袋がまた、チェック柄でかわいくて。ほかにももう1種類、紺地にオレンジのユニオンジャック柄のもあったのですが、黒地にグレーのほうがお葬式でも使えそうだと思い、これにしてしまいました。だって、この歳にもなると、お葬式も多いですからね……。はい、冒頭で偉そうに言っていた私もしっかりおばさんです! まあ、それにしても、ロンドン・オリンピックのおかげで、あちこちでイギリス・コーナーができて、珍しいものをいろいろと買えたり新しい発見もあったりで、本当に楽しい思いをさせてもらいました。この扇子は、夏のいい思い出の品になりそうです。Fan_b

| コメント (0)

2012年7月16日 (月)

Item250 Help

Lonsdale 栄町というところは本当におもしろくて、行くたびに、こんなところにこんなお店あったっけ?と、新しい発見があるのです。今回は<Help>というお店を見つけました。紳士物の服や靴などが中心のお店ですが、婦人物もあり、フレッド・ペリーやロンズデールなどのブランドを豊富に置いています。LONSDALE(ロンズデール)のブランド名は、ボクシングをはじめ、さまざまなスポーツの振興に尽力した第5代ロンズデール伯爵、ヒュー・ロウザーにちなんでいて、もとはボクシング用品やウェアのブランドなのですが、ファッション性の高いTシャツなどが人気で、愛用しているセレブも多いようです。セレブではない私も、ちゃっかり1枚買ってしまいました。だって、すっきりしたフォルムでカッコいいのですよ。HelpさんにはFULTON(フルトン)の傘も置いてありました。FULTON社は、エリザベス女王御用達の栄誉を授かった唯一のレイングッズ・メーカーだそうで、FULTONの代名詞であるBirdcage(バードケージ)をエリザベス女王が愛用しておられる光景は有名ですよね。人に見られることが多い女王にとっては、透明で、なおかつお洒落な傘が必需品なのでしょうね。一般人が普通に差して歩くには、服を雨からちゃんと防げるのかしら?と思いつつ、あれを差して優雅に歩いてみたいという誘惑にも駆られ、現在、購入を検討中です。

| コメント (0)

2012年5月28日 (月)

Item245 オリンピックのおかげ

Sakai_a Sakai_b 先日、大阪・堺のイオンモールへ買い物に出かけたら、あちこちのショップでオリンピックにちなんでイギリス特集をしていました。最初に見つけたのは<SONY PLAZA>のコーナー。きらきらに飾りつけられた一角に、ぎっしりとイギリス雑貨が並べられていて、萌えました! BAAM Lemon Mintsは、思わず缶買いです。エンボス加工された唇がオリンピック仕様のユニオンジャック柄になっているというもの。ミニクーパーは、チョロQみたいにバネでちゃんと走ります。ビッグベンはただの置物ではなく、中がボールペンになっているのです。

Sakai_c Sakai_d 次いで、<THE SHOP TK MIXPICE>(タケオキクチのセカンドライン)では、ユニオンジャックのバッグとTシャツを発見。カッコいいけど、ちょっと派手かなあと思いつつ、今年なら大丈夫!と、こじつけて買いました。でも、実際に使ってみると、Tシャツは軽くてさらさらした素材で着やすく、バッグはポケットが多くてたくさん入るし、やっぱり買ってよかったなと思いました。さすがはタケオキクチです。

Sakai_e 実は、SONY PLAZAではタータンチェック柄のリップケースを買うのをあきらめたものの、やっぱり欲しくなったので、この数日後、神戸のSONY PLAZAへ行ってみました。イギリス特集のコーナーはここにもちゃんとあったのですが、置いている商品が堺とは微妙に違っていて、残念ながらリップケースはありませんでした。その代わり、超かわいいネイル・シールを発見。この写真では見づらいですが、ビッグベン、電話ボックス、ギターやハート型のユニオンジャック、衛兵さん、女王の切手などなど。これを爪に貼って出かけたら、スタバの店員さんとか、いろいろな人が声をかけてくれました。爪というのは、見られていないようで、みんなよく見ているものなのですね!

| コメント (0)

2012年5月24日 (木)

Item244 北野散策

Ijinkan_01 Ijinkan_11 観光客が多いからと普段は敬遠しがちな北野ですが、春になると、ふらりと出かけていきたくなります。今回訪れたのは、山手八番館。一時、「サターンの椅子」が大ブームになりましたね。この椅子に座ると願いが叶うといわれ、これに座るためだけに長い行列ができたものです。でも、私が見たかったのは、それよりも建物のほう。明治後期に建てられたこの異人館は、チューダー様式の三連式塔屋が特徴的なのです。白と黒のコントラストがいいですね。入口アーチの上にあるステンドグラスも綺麗でした。

Ijinkan_03_4 Ijinkan_04_2 中に入ると、ロダン、ブールデル、ベルナールらの彫刻や、レンブラント、デューラーらの古典版画のほかに、アフリカの木彫品やガンダーラ仏教美術品なども展示されていて、まるで美術館のよう。ツタンカーメンの形の電気スタンドなんかもさりげなく置かれていたりして、隅々まで目が離せません。例のサターンの椅子は、今や誰も並んでいなくて、どっしりと座ることができましたよ。でも、態度が大きすぎたのでしょうかね、まだ願いは叶っていません^^。

Ijinkan_05_2 Ijinkan_06 山手八番館を出て英国館の前を通ると、あら、二階の窓に人影が。こちらをじっと見ています。見直してみると、ホームズが立っているのでした! いつからこんなことに? でも、これはいいですね。雰囲気たっぷりです。英国館内部についてはItem74~76で紹介していますので、そちらをご覧ください。

Ijinkan_07 さあ、次はお買い物です。英国館向かいの<EUROCO(ユーロコ)>には、キャス・キッドソンの商品やイギリス・グッズがいろいろと並んでいます。以前置いていた英国館オリジナル・グッズはベンの家に併設のお土産物ショップ<COUVENIR(コーベニア)>に移動しましたが、こちらもおもしろいですよ。

Ijinkan_08 Ijinkan_09 また、同じ通りにはH.R.ヒギンスのお茶を扱う<BASK>さんがあります。H.R.ヒギンス社はエリザベス女王陛下の御用達店として有名で、女王陛下主催のバッキンガム宮殿での晩餐会・茶会では同社のコーヒーが提供されているそうです。紅茶も、もちろんおいしく、「メイフェア」や「デューク・ストリート」といった気品を感じるネーミングのものがあったりして楽しめます。シンプルで洒落た紅茶缶や包装紙(Item112参照)も素敵なので、ギフトにもぴったり。今回は「カントリー・ハウス」という紅茶を買って帰りました。ちょっとスモーキーな香りがあってミルクティーにも合いそうなもの、という好みを店員さんに伝えたら、選んでくれたものです。H.R.ヒギンスのお茶は、恵比寿三越店とこの神戸店でしか買えませんが、神戸店はまもなく移転することになったそうです。当面はトアロードで営業し、そのあと新店舗ができるとのことですので、お楽しみに。

| コメント (0)

2012年3月21日 (水)

Item241 やめられない止まらない

Uniqlo_b Uniqlo_a_2 先日、大丸ミュージアムで開かれた「ベニシアと仲間たち展」に行ってきました(U.K. Postcardsのコーナーでカードを紹介していますので、詳しくはそちらをご覧ください)。そのとき一緒に行った友達が、今ちょうどユニクロがローラ・アシュレイとコラボしているよと教えてくれたので、展覧会の帰りにさっそく寄ってみました。すると、かわいい花柄のTシャツとスカーフがいっぱい。Tシャツは以前キャス・キッドソンとのコラボもの(Item231でご紹介)を買ったので、今度は春先に重宝しそうな淡い色のスカーフを購入することに。と、そのそばにオーラ・カイリーとのコラボものを発見。オーラ・カイリーはアイルランド出身のデザイナーで、ノスタルジックなミッド・センチュリー風の柄が特徴的。以前、雑誌の付録で茶色のトートバッグをもらったことがあって、それがなかなか気に入っていたので、今度はそれとは色とデザインがちょっと違ったTシャツを購入することにしました。あ、読者のみなさん、Tシャツはキャス・キッドソンのがあるからとあきらめたのではなかった?なんて突っ込まないでくださいね。購買意欲をそそるものを次々に売り出すユニクロさんがすべて悪いのよ~。この日は通常より少し安くなっていたので、罪悪感もちょっとだけ少なめでしたけどね^^。

| コメント (0)

2012年1月18日 (水)

Item239 手作りの喜び?

Swarovski 去年はピアスをいくつか落としてしまい、普段につけるものがとうとうなくなってしまいました。新しいのをそろそろ買わなければと思っていたとき、新聞の折り込みにスワロフスキーのクリスマス商品の広告が入っていました。スワロフスキーといえば、手作りのストラップのようなものしか知らず、ちょっとおばさまっぽいイメージを持っていたのですが、その広告は違いました。とってもおしゃれな商品が並んでいて、しかもお値段は手ごろ。さっそくデパートに買いに行きました。そして、きらきら輝くピアスを購入して満足していたら、その横にビーズが並んだショーケースがあって、その中にユニオン・ジャックのものが! でも、どんなふうに使ったらいいかわからない……。いったん家に帰って考えた結果、チョーカーにしようと思いつきました。そして数日後、あのビーズに合いそうな革紐を調達してから、もう一度デパートにGo! 革紐にビーズを通したときの快感はなんとも言えませんでした。このチョーカーはタートルのセーターにぴったりで、この冬は大活躍してくれました。金属のチェーンに変えたら、春夏でもまた使えるかしら? あら、なんだかんだ言って、私も手作りにはまってしまったのかも?

| コメント (0)

2011年12月 9日 (金)

Item238 ハーバーランド

Harbourland_a Item237で<みなとのてんらんかい>さんの姫路本店をご紹介したばかりですが、その熱も冷めやらないうちに神戸阪急店にまた行ってきました。2009年4月にItem199でこちらをご紹介したときは、たまたま明日からオープンという日に行って、後日また出直したのですが、今度はたまたま明日から改装という日に行って、素敵なクッションカバーを見つけました。でも、このあいだ姫路本店で服を買ったばかりだしなあ……何日か考えて、やっぱり欲しかったら、改装後にまた出直してこよう……。そして、その「やっぱり」になってしまい、後日買いに行ったのでした。このカバーはイギリスで買い付けてこられた一点物だそうで、ユニオンジャックのデザインがかわいらしく、手作りのキルトがなんともいえない温かみを持ち、生地もくたっとしていて触り心地がよいのです。今からの季節、これにもたれて読書をすると気持ちよさそう。お店は、改装後は通路が広くなって見やすくなった感じ。アンティーク品は少し減った気がしますが、服や雑貨は変わらず充実で、上品な雰囲気も以前のままでした。神戸阪急さん自体が来年には撤退してしまうそうですから、それまでにまた訪れなくては。たまたま明日閉店というときになって行っても、今度は出直しがききませんからね^^。

Harbourland_b みなとのてんらんかいさんを訪れたあと、久しぶりにハーバーランドをぶらぶらしたら、私の好きな輸入食品のお店が新しくできていました。そこでうれしいものを発見。ゴールデンシロップです。日本では蜂蜜やメープルシロップを常備されている家庭が多いと思いますが、イギリスの家庭ではゴールデンシロップが定番で、伝統菓子のフラップジャックスなどには欠かせない甘味となっています。ゴールデンシロップとは、白砂糖を作る過程でできる、昔は廃棄されていた糖蜜のことで、1883年、スコットランドの商人だったAbram Lyleが、この蜜に目をつけて売り始めたのが最初だったそうです。色は、ゴールデンシロップの名のとおり黄金色。精製された残りの部分なので、蔗糖のほかに転化糖などの栄養分が豊富に含まれているため、味はかなり甘く、鼈甲飴や黒蜜に近いコクがあります。クセがない味なので、パンケーキやスコーン、クレープなどにかけておいしいのはもちろん、和菓子の蜜としても使えます。日本では今までゴールデンシロップは入手しにくかったのですが、手ごろな値段(493円)でこうして買えるようになって、うれしいかぎりです。みなさんもぜひ一度、試しに使ってみてください。ライルのゴールデンシロップは、ライオンのイラストが目印です。

| コメント (0)