2014年3月18日 (火)

Item273 ターナー展

Turner_a 神戸市立博物館で開催中の「ターナー展 英国最高の風景画家」に行ってきました。ターナーといえば難解な風景画が有名ですが、今回の展覧会にはテート美術館から油彩画、水彩画、スケッチブックなど約110点が来ていて、風景画だけではないターナーの豊かな魅力を存分に味わうことができました。

ターナーが初めてのイタリア旅行の成果として発表した《ヴァティカンから望むローマ、ラ・フォルナリーナを伴って回廊装飾のための絵を準備するラファエロ》(1820年)は、横幅が3メートルを超える大作で、それだけでも圧倒されますが、1枚の絵の中に左、中央、右と焦点が3つもあるという、珍しい構図が楽しめました。また、当時のロマン主義の画家たちのあいだでは作中に過去の巨匠を描くことが人気だったということで、この作品にもラファエロが描かれているのがおもしろかったです。U.K. Postcard Galleryでポストカードをご紹介していますので、ぜひご覧ください。

Turner_b_2 こちらの《レグルス》(1828年発表、1837年加筆)という作品を見ると、ターナーが「光の画家」と呼ばれたゆえんがよくわかりました。敵国にまぶたを切られて陽光で失明した将軍レグルスの逸話を描いた作品で、レグルスが見たであろうまばゆい光を表現しているのですが、この絵を見ると本当にまぶしく感じられ、思わず目の前に手をかざしそうになりました。ただの白い絵具がなぜこんなにまぶしいのか不思議でなりませんでした。この絵はぜひ実際に見られることをお勧めします。

Turner_c_4 さきほど焦点の話をしましたが、ターナーは遠近法にとても長けていたそうで、ロイヤル・アカデミーで遠近法の教授をしていたとのこと。こちらの《ダラム大聖堂の内部、南側廊より東方向を望む》(1798年ごろ)の精巧さを見ると、その実力がうかがえます。彼が描いた建築物の絵をもっとたくさん見てみたいという気にさせられました。

ターナーがパトロンのジョージ・ウィンダムの屋敷ペットワース・ハウスのために描いたグワッシュ画の数々も見ものでした。屋敷のあちこちで描いたスケッチは色彩が美しく、当時の貴族の生活ぶりが生き生きと描かれていました。あとでポストカードを買おうと楽しみにしていたら、庭の絵のものしかなくて残念。サミュエル・ロジャースの詩集のために描いた挿絵の数々も、それはそれは美しく、ターナーはイラスト画家になっても大成功をおさめたのではないかと思うほどすばらしかったです。この詩集が欲しくなりました。その他、ターナーが愛用していた絵の具箱もおもしろかった。絵の具のチューブが発明される前には豚の膀胱袋を使っていたというのは驚きでした。そして、彼愛用の革表紙の小さなスケッチブックは、作りがなんとも素敵! これのレプリカを作ったら売れるのにと、関西人の私は、つい頭の中でそろばんをはじいてしまうのでした(笑)。

Turner_d ターナーの絵を堪能したあとは、近くの<Bar & Bistro 64(バー・アンド・ビストロ・ロクヨン)>に寄って、展覧会とのタイアップ・メニューの「フィッシュ&チップスのカレータルタル添え」をいただいてきました。なぜカレータルタルなのかと思っていたら、黄色はターナーが愛した色だからとのこと。本当はモルトビネガーのほうが好きな私ですが、このタルタルはいけました。この日は今年一番の冷え込みで雪も降ったものの、心はほっこり。ターナーにどっぷりと浸かって至福の一日でした。

| コメント (0)

2013年10月14日 (月)

Item269 近衛軍楽隊コンサート

Concert_2 神戸文化ホールで開かれた『英国女王陛下の近衛軍楽隊』のコンサートに行ってきました。バッキンガム宮殿を守る陸軍近衛連隊には50名編成の吹奏楽団が9隊あって、今回はその中で最も優秀と言われている「コールドストリーム・ガーズ・バンド」が来日。ちょっと緊張して出かけましたが、会場に着いてみると、出演者の方々がロビーに出てきていて、記念撮影に応じたり、CDを手売りしたりと、とてもアットホームな雰囲気。そしていよいよコンサートがスタートして、赤い服に黒い帽子のあの兵隊さんたちがマーチングで入場してくると、今度は荘厳な雰囲気に包まれて、まるでバッキンガム宮殿にいるような感覚に陥りました。そのあとは、『威風堂々』『アメイジング・グレイス』『レ・ミゼラブル』やビートルズ・ナンバーなどなど、親しみやすい曲のオンパレード。それに、音楽監督と指揮を務めていたダーレン・ウォルフェンデール少佐がとっても素敵でした。いかにも英国紳士という風貌で、堅苦しい人かと思っていたら、カンペを見ながら愛嬌たっぷりに日本語で話す姿がキュートで、観客のおばさま方(私も含め)の目はハートに。楽器の演奏のほかにも、バラード曲をデュエットしたり、ダンスを見せてくれたりと、観客を飽きさせない趣向を凝らした構成はみごとで、あっという間の2時間。この日がツアー最終日だったこともあってか、会場はおおいに盛り上がり、アンコールの拍手がなかなかやみませんでした。神戸の客はおとなしいとよく言われますが、この日はそうではなかったですね。それだけいいコンサートでした。とってもゴージャスで楽しいひとときを過ごさせてもらったおかげで、仕事の締め切り間近でキリキリしていた私の心もすっかり癒されました。近衛軍楽隊のみなさん、ありがとう!

| コメント (0)

2010年5月 8日 (土)

Item216 ヴィクトリアン・ジェット

Jewelry_a Jewelry_b 少し前に渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開かれた「愛のヴィクトリアン・ジュエリー展」は、ヴィクトリア時代のジュエリーのほか、衣装や銀器、レースなど約300点を展示して、華麗なる英国伝統文化を紹介するものでした。ぜひ行ってみたいと思いつつ、東京まではなかなか行けなくて、そのうちに終わってしまいました。カタログがまた美麗なので、せめてそれだけでも通販で買おうかしらと思っていたところ、先日久しぶりに会った友達が東京のおみやげと言って小さな包みを渡してくれたので、開けてみると、この展覧会のグッズ! ヴィクトリア時代に流行した「漆黒の宝石」と呼ばれるジェットのストラップでした。ジェットは、ジュラ紀の流木の化石で、紀元前の昔から魔除けとして身につけられ、15世紀ごろからは「モーニング・ジュエリー(服喪用装身具)」として用いられるようになりました。そして19世紀、ヴィクトリア女王が最愛の夫アルバート公を亡くして以来長きにわたって喪に服し、ジェットの装身具をつけたことから、巷でもそれが大流行したのです。その後、ジェットの人気が衰えると、ヨークシャーにある鉱山が閉鎖になり、ジェットは「幻の宝石」に。近年、ヨークシャー産とほぼ同質の原石が中国で発見されてジェットは復活しましたが、その中国の鉱山も閉鎖が近いので、また幻の宝石になるとのこと。そんな希少なものをいただくことができて、本当に幸運でした。友達は、たまたま用事で東京へ行って、この展覧会に足を運び、私のことを思い出して、これを買ってきてくれたのだそうです。私の念が通じたのでしょうか!? 黒く光る神秘的な石を見ていると、なんだかそんな不思議な気がしてきます。

| コメント (0)

2009年10月11日 (日)

Item206 金沢にて

Kanazawa_01 Kanazawa_02 Kanazawa_03 Kanazawa_04 金沢にふらりと行ってきました。昔ながらの町家が残るひがし茶屋街には<山屋>さんという紅茶茶専門店があります。昔のお茶屋さんを改装したという格子の建物の暖簾をくぐって入ると、テーブルが4つだけのこぢんまりとした店内は、とても静かで落ち着ける空間。大きな紅茶缶が奥にずらりと並んでいるのが印象的です。メニューは紅茶が約60種類、ケーキはパウンド・ケーキとチョコレート・ケーキの2種類だけで、本当に紅茶好きのためのお店と言えそう。私が注文したのはアールグレイ・シルバーという、シルバー・チップ(銀色の芯芽)入りの繊細なお茶。攻撃的な強い香りだというアールグレイ・ルージュにも興味を引かれましたが、この日はほっとしたかったのでシルバーのほうを。主人はドアーズという、渋みや苦みが少なくてミルク・ティーに合うお茶を選びました。紅茶は保温カバーをかぶせたポットに入っていて、クッキーと一緒に出されるのがうれしい。これをつまみながら熱いお茶をゆっくりと楽しむことができました。

Kanazawa_05 Kanazawa_06 金沢は、アンティーク雑貨や骨董好きにとってもおもしろい町です。新竪町にある<フェルメール>は、所狭しとイギリスのアンティークが並んだお店。オーナーが男性なので、キッチン雑貨は少なめですが、日常使いできそうなシンプルな雑貨やアクセサリー、道具類などがそろっていて、1つずつじっくり見ていくのが楽しい。ポートベロのマーケットをぎゅっと凝縮したような、味わい深いお店でした。新竪町から犀川を目ざして歩いていくと、川岸の緑地に金沢美術工芸大学の学生さんの彫刻作品が展示されていました。羊の頭がぽつんと置かれているのはびっくりしましたが、よく見ると、緑によく似合っています。イギリスのカントリーサイドのよう。

Kanazawa_07 Kanazawa_08 Kanazawa_09 Kanazawa_10 犀川の向こう岸には、ウィリアム・モリスが新婚時代を過ごしたレッド・ハウスを復元した、金沢ステンドグラス美術館があります。レンガ造りの建物の中に入ってまず目を引かれるのは、モリスの壁紙を張った部屋と、そこに並べられたモリスのグッズ。その左手が教会兼ステンドグラス・ミュージアムになっています。外から見たときにはただの茶色いガラスだったステンドグラスは、中で見ると一変。イギリス、ドイツ、イタリアのものが展示され、順に色が濃くなっていくのが興味深いところ。日があまり当たらないイギリスではガラスの色を薄くしないと、よく見えないのだそうです。逆にイタリアのものはカラフルで、描かれているキリストなどの人物がみんなイケメンなのも印象的。モリスが制作したステンドグラスもあり、彼独特の花や葉などの模様が美しく描かれていて、とても見応えがありました。ミュージアム内は撮影できないのが残念でしたが、ここで働いておられる人たちがうらやましいと思うくらい、すてきな場所でした。

| コメント (0)

2008年12月 6日 (土)

Item190 ウェッジウッド展

Wedgwood 丹波篠山には年に一、二度出かけますが、この秋には兵庫陶芸美術館で「創立250周年記念 ウェッジウッド ヨーロッパ陶磁器デザインの歴史」という展覧会が開かれるということで、今回はその日程に合わせて行ってきました。私がウェッジウッドの食器に興味を持ったのは、青地に白いレリーフ装飾を加えた「ジャスパー」シリーズの美しさに目を引かれたのがきっかけだったのですが、本展ではそのジャスパーウェアが数多く見られて大満足でした。左のチラシに載っているのは、ローマ時代のガラス壷を黒のジャスパーで複製したもの。そのほか、日本ではめったに見ることのできない初期の試作品や、英国で女性初のロイヤルデザイナーとなったスージー・クーパーの作品など、見どころはいっぱい。ウェッジウッドの歴史の深さに感心させられる、充実の展覧会でした。U.K. Postcard Galleryでまたポストカードをご紹介していますので、よろしければご覧ください。

| コメント (2)

2008年10月21日 (火)

Item188 パイプフェスト

Pipefest_a Pipefest_b 毎年世界各国で開催されているパイプフェストが、今年は関西で開催されました。スコットランドやアイルランド、イングランド、オーストラリア、香港、日本のバグパイプバンドが参加して、神戸では異人館やメリケンパーク、須磨水族館などを行進。夏のように晴れ渡った空の下、美しい音色を響かせてくれました。本場スコットランドで聴くのもいいけれど、近代的な建物と青空と海を背景に聴くバグパイプはまた新鮮で、なんとも心地のよいものでした。このパイプフェストに合わせたのか、いつもは磯上公園で行われていた関西ハイランドゲームスも、今年はメリケンパークで開催。種目はダンスとパイピングだけになり、フードやグッズのお店もなかったのは残念でしたが、そのかわり、コンテスト形式のパイピングは聴きごたえがありました。まるで音楽のテストでも受ける生徒のように、参加者のみなさんは緊張の面持ちで、出番を待つあいだにあちこちで練習しておられる光景が印象的でした。演奏のよしあしはわからない素人の私ですが、しばらく聴いていると、おひとりずつ微妙に違いがあるのがわかってきて、こんなふうに聴き比べてみるのもおもしろいものだなと思いました。演奏中に船の汽笛が鳴り響いてパイプの音をかき消してしまうという、神戸ならではの気の毒なハプニングなどもありましたが、子どもたちのダンスもかわいらしかったし、心和む秋の素敵な一日になりました。せっかくのいいイベントなので、進行表を配るなどして、もっと一般の方にもPRされたらいいのに。また来年が楽しみです。

| コメント (2)

2008年10月 7日 (火)

Item186 芸術の秋

Yakimono 先日、信楽へやきものを見に行ったとき、県立陶芸の森にふらりと寄ってみたら、陶芸館で「やきもの動物パラダイス―バーナード・リーチから形象土器まで」という特別企画展が開催中。バーナード・リーチの名前につられて入場してみると、身近な動物をモチーフにした世界のさまざまな焼き物が紹介されていました。リーチの作品《ガレナ釉獅子文皿》(1925年)は素朴で力強く、鮮やかながら優しい色遣いを見ていると元気がわいてきました。河井寛次郎氏の《魚鉢》(1951年)も展示されており、こちらは素朴さに繊細さが加わって、見ごたえたっぷり。折しも『家庭画報』で「民藝」の特集記事を読んだところだったので、たまたま寄った展覧会で関連作品を見ることができてラッキーでした。

Pissarro 信楽に行った翌日は京都へ。美術館「えき」KYOTOで「オックスフォード大学・アシュモリアン美術館蔵 印象派の巨匠ピサロ―家族と仲間たち―展 」を見てきました。カミーユ・ピサロはフランスの画家ですが、息子たちもまた画家で、中でも長男のリュシアンはイギリスに渡って活動していたことから、イギリスを描いた作品も展示されており、興味深いものがありました(ポストカードをU.K. Postcard Galleryでご紹介しています)。本展では、1683年に開設されたイギリス最古の美術館、アシュモリアン美術館のコレクションから、ピサロの作風に影響を与えたコローやミレー、親交のあったクールベ、マネ、ルノワールらの作品も紹介されていました。この美術館ではこんなにいろいろな作品を所蔵していたのですね。私はオックスフォードにいた当時、この美術館はいつも外から眺めるばかりで中を見てこなかったので、今ごろになって後悔した次第です。

| コメント (0)

2008年6月12日 (木)

Item181 パンクの精神

Herbie 神戸の栄町で開かれているハービー・山口氏の写真展「The Big Love」に行ってきました。ハービー氏といえばパンク・ロック。パンクが全盛だった1970年代から80年代をロンドンで過ごした氏は、ロッカーたちの素顔を生き生きととらえ、高い評価を受けました。今回の写真展は、音楽やファッションで自己表現して現状を打破しようというロッカーたちの姿を見て、現代の日本人にも元気や希望を取り戻してもらえればという思いをこめて、過去の作品を再セレクションしたとのこと。ハービー氏が地下鉄で出会って会話を交わし、大きな影響を受けたというザ・クラッシュのジョン・ストラマーのポートレートも、もちろんありました。私も、パンクを含めてブリティッシュ・ロックを聴いて育った年代。ハービー氏の作品を見ていると、あのころの勢いや熱さがよみがえってくる気がしました。このほか今回の写真展では、リージェント・パークでホッケーをしている女子学生たちの写真など、心がほっと和む、当時のロンドンの風景も見られます。ポストカードも購入してきましたので、そちらはGalleryのコーナーでご覧ください。会場となっている<TANTO TEMPO>さんは、5月にオープンしたばかりのフォト・ギャラリー。併設されているライブラリー・カフェでは写真集やコーヒーなどが楽しめるようになっていて、どこを取ってもスタイリッシュな空間。ハービー氏の写真展は7月6日まで開催されていますので、栄町散策の際にはぜひ立ち寄ってみてください。

| コメント (0)

2008年6月11日 (水)

Item180 かわいいイギリス

Triton 神戸の北野坂にある<TRITON CAFE>さんで、イギリスのかわいいものを集めた展示会が開かれるというので、さっそく初日に行ってきました。この展示会は、雑貨の書籍などでご活躍中のカメラマン大段まちこさんとインテリア・スタイリスト堀江直子さんのおふたりが書かれた『かわいいイギリスの雑貨と町』(ピエ・ブックス)の発刊を記念してのもの。TRITON CAFEさんはいつも人気のお店ですが、この日は開店と同時に「イギリス好き」らしき人々が集まって、にぎわっていました。壁には『かわいいイギリスの……』に掲載されていた写真の数々が貼られ、その下に置かれた展示台にはおふたりがイギリスで買いつけてこられた雑貨が並べられていて、もうたまりません! イギリスの家庭で定番の素朴な形をしたティーポットや、キューガーデンやテートギャラリーなどのグッズ、エコバッグ、キッチン用品などなど。その中で私が買ったのはTetleyの紅茶。イギリスにいたときには、安くて手軽なこの紅茶をよく飲んだので、懐かしくて。ティーバッグの形が日本と違ってラウンド型で、それがまたかわいいのです。ポストカードも買ってきましたが、そちらはGalleryのコーナーでご紹介しています。あと、惜しかったのはチーズナイフ。刃物の町シェフィールド製で、チーズを切ったり離したり刺したりできるよう刃の形が工夫されていて、ハンドルが白でかわいかったのです。初日は買わずに帰ってきたのですが、やっぱり欲しくなって昨日行ってみたら、もう売れてしまっていました。こういうものは、見つけたときに買っておかないとダメですね。ああ、残念。展示会は17日まで開かれているそうなので、興味がおありの方は、ぜひ行ってみてください。

| コメント (0)

2007年8月 8日 (水)

Item154 アイリッシュダンス

Ragus アイルランドのアラン諸島からやってきた「ラグース」のショーを観てきました。実は、アイリッシュダンスを生で観るのは初めてで、あのステップはどうなっているのかしらと食い入るように見つめていましたが、とうとうわからずじまい。まさに目にも止まらぬ早業でした。それに、背筋をぴんと伸ばした女性ダンサーたちの立ち姿の美しいこと。その姿を、シンプルながら色鮮やかな衣装がさらに引き立たせていました。男性陣のハードシューズダンスはパワフルで圧巻。彼らの靴はまるで楽器のようにリズムを奏でていました。バックのミュージシャンはパイプ、フィドル、アコーディオン、キーボード、ギターの5人。彼らの奏でるアイルランドの伝統曲の数々は聴きごたえたっぷり。アコーディオンのファーガル・マーフィ氏は、このショーのプロデューサー兼音楽監督を務めている人で、実に芸達者。演奏だけでなく歌声も素晴らしいし、日本語を交えたユーモアたっぷりのおしゃべりで会場を楽しませてくれました。ダンスの合間には、「アイルランドの歌姫」マーガレット・ブレナンが登場。『You Raise Me Up』などの名曲を、心が洗われるような美しい声で聴かせてくれました。「ラグース」は「リバーダンス」とはまたひと味違って、ダンスと演奏と歌がバランスよく組み合わされた、お祭りのように楽しいショーという感じ。おかげで帰り道は、ぴょんぴょん飛び跳ねてしまいそうになって困りました。。。

| コメント (0)