2013年10月28日 (月)

Item271 ミニじゃないMINIだけど

Mini_a あいあいパークでMINIと記念撮影をしていたら、若いイケメンのディーラーさんが、これは邪魔でしょうといってMINIののぼりをどかしてくれたり、カメラのシャッターを切ってくれたりしてくれました。そのおにいさんが「宝塚のショールームへ行ってくれたら、MINIのグッズを差し上げます」というので、帰りにしっかり寄ってしまいました。だって、グッズをもらえるんですものね! いただいたのは、ブランケット風の敷物。これは今の季節、ピクニックをするときに役立ってくれそうです。MINIのちっちゃなマグネットは、すでにわが家の冷蔵庫に貼って活用しています。そしてタトゥーシール。はじめは普通のシールと思い込んで、絵が裏返っているので変だななんて思っていたら、そういうことだったのね。それから、トランプ。黒地にいろいろなMINIが描かれていてカッコいい。これは保存版ですね。そのほかにもカタログとポストカードをたくさんいただきました。ポストカードはU.K. Postcardsのコーナーで紹介していますので、ぜひご覧ください。BMWになってからのMINIは車体が大きくて、ちっともミニじゃない、なんて思っていましたが、あのカスタマイズできる楽しさはやっぱり魅力的ですね。ユニオンジャック柄のルームミラーなんて、もう最高なんですから! それに、MINIにはロンドンオリンピックを記念した特別仕様車「ベーカーストリート」と「ベイズウォーター」や、「ハイドパーク」、「ボンドストリート」なんて名前がついたものもあるのですよ。その名前だけでもクラクラきますよね。今度、車を買い換えるときは絶対にMINIにするぞ~! でも、その前に免許を取らなきゃ、です(笑)。 Mini_cMini_b_2

| コメント (0)

2013年8月28日 (水)

Item268 書店にて

Sticker_aSticker_b 近ごろは書店も侮れないですよね。ハーバーランドに新しくできた大垣書店には、私のようなノマドワーカーにはありがたいカフェが併設されているだけでなく、おしゃれな文房具や雑貨の販売コーナーもあるのです。大垣書店ができてからは、ここのカフェで一仕事したあと、本を見て、それからそのコーナーへ寄って、というのがお気に入りのコースになりました(同じビルの中にカルディもあるので、ますます危険!)。先日は、こんなかわいいシールを見つけてしまいました。ロンドンバス型のビニールケースの中に、ちっちゃいシールがたくさん入っているのです。普通のシールと、エンボスタイプのシールがあって、兵隊さんやビッグベンや、トレンドのカップケーキまで、これぞイギリスというものがぎゅっと詰まっています。もったいなくて使えないほど、かわいい! こういうシールを集めて、眺めては楽しんでいた小学生のころに戻ったような気がしてきます。シールを使いきったあとのビニールケースの使い途を考えるのも楽しみ。ちなみに、ここのカフェは書店内にあるおかげで、とても静か。PC用のコンセントもあるので、本当にうれしい存在です。こんなお店がもっと増えてくれるといいな。それも近所に。 Sticker_c

| コメント (0)

2011年7月11日 (月)

Item230 ロイヤル・ウェディング

Tan_a ウィリアム王子とケイト・ ミドルトンさんがついに結婚されましたね。日本はゴールデンウィークのときで、私は実家で家族と一緒にテレビに見入っておりました。美しかったですね~。ご本人たちは当然のこと、式に参加されている方々の衣装や制服がきれいだったりユニークだったりで、見ていて飽きませんでした。イギリスって、なぜあんなに何かにつけて色使いがきれいのでしょうね。空がどんよりしているぶん、せめてほかは明るくと思うのでしょうか。とくに赤い色が印象的です。わが家も負けじと、この日はワンコにユニオンジャック柄衣装を着せてロイヤル・ウェディングを祝いました。まわりの人間は普通の服なのに、犬だけおめかしさせられて、いい迷惑かも? でも、うちのワンコはたいへんな衣装持ちなのです。以前よりはだいぶ減ったとはいえ、まだこの写真のようにたくさんあります。これを年一回、庭で虫干しするときは壮観ですよ。まるで『幸福の黄色いハンカチ』状態。昔は「ふっ、犬に服を着せるなんて!」と言っていた私たちはどこへ行ってしまったのでしょうか。あ、いつの間にか話も脱線。。。Tan_b

| コメント (0)

2010年1月26日 (火)

Item207 泊まりたい

Torroad_1_2 Torroad_2_2 去年は夏のあいだ、主人が石川県の山中へ転勤になりました。週に何度か登山をしなければいけない仕事とのことで、日ごろあまり運動をしない彼には続かないのではないかと心配していたら、意外にも山登りにはまった様子。秋に平地へおりてきてからも、山に登りたいと言い出し、私もつきあわされることに。私は歩くのは好きだけれど、高い所が怖く、山登りは苦手なのです。でも、幸い神戸にはハイキング感覚で30分も歩けば登れる低い山がいくつかあるので、それならばと行ってみると、とてもさわやかで気持ちよく、山上で食べるお弁当は格別でした。錨山(イカリマークのライトがある山)に行ったときは、帰り道、久しぶりにトアロードを通ってみると、新しい発見が。ホテルトアロードがリニューアルして、なんともイギリス風に生まれ変わっていたのです。このホテルにはローラ・アシュレイの部屋があるということで、一度そのスペシャルルームに泊まってみたいと気にはなっていたのですが、これまで外観はそれほど目を引くものではありませんでした。ところが今は、エントランスにイギリス風の門扉やユニオン・ジャックがしつらえられ、その右手にはこれまたユニオン・ジャックをあしらったミニ・クーパーが。そのかわいらしさに胸がきゅっとなります(この感じ、わかります?)。ますます泊まってみたくなりました。春になったらまた主人の山登りにつきあってもいいかな、そのかわりに帰りはここへ泊まって……なんて、今は悪巧みをしているところです。

| コメント (0)

2009年10月10日 (土)

Item205 旅のアルバム

Travel 7月にイギリスへ行ってきました。10年ぶりのイギリス、そしてイギリスで初めてのドライブ旅行ということで、新しい発見がいろいろとあり、充実した旅となりました。旅行記はU.K. Travelsのコーナーに掲載していますので、ぜひご覧ください。この写真は、ネットで見つけたマイブックというサイトで作った、今回の旅の写真集です。本当はアルバムを買ってきて、プリントした写真を貼っていくつもりだったのですが、なかなかその時間がなくて。マイブックならレイアウトはおまかせで作ってもらえるので、ものぐさな私にはぴったりでした。書店で売っているようなスタイリッシュな写真集が簡単にできあがって感激。世界に1つだけの、いい思い出の品ができました。

| コメント (0)

2008年5月17日 (土)

Item173 祖父の紅茶

Lipton リプトンの青缶といえば定番の紅茶。私はそのレトロっぽい缶のデザインと色が好きで、いつか買いたいと思っていましたが、なぜか最近まで機会を逃していました。先日たまたま<神戸グロッサリー>さんで少し安くなっていたのを見かけたので、ようやく手に入れました。ちょうどそれと時を同じくして、母から祖父(母の父)のこんな話を聞きました。「おじいちゃんは紅茶をいれるのがとても上手だった。それにハイカラな人で、茶葉はリプトンの青缶と決めていた。でも、ほかの人が同じ茶葉を使っても、おじいちゃんがいれてくれた紅茶ほどおいしくならないのは不思議だった」と。私が知っている祖父は、いつもひょうひょうとしていて、休みの日には家でゴロゴロしてばかりの、ごく普通のサラリーマン。だから、亡くなったあとで、祖父は戦時中は軍隊の偉い人だったと聞かされたときは驚きだったし、ハイカラとか家事とかとは無縁の人だと思っていたので、この紅茶の話もびっくりでした。私は祖父のことを何も知らなかったのかもしれない。もっといろいろと話をすればよかったな。そして、祖父がいれる絶品の紅茶を一度飲んでみたかったなと、今になって思うのでした。

| コメント (0)